久々日記

あっという間に週末。何していたのか、次々と忘れているが色々あったはず。そうだった、ラオス在住の友人とバンコク在住の友人に会ったのだった。偶然ふたりとも一時帰省中で、一緒に会えると良かったが別々。自分がバンコク在住時は3人ともバンコクだった。ひとりは自分で事業を起こし、そのため国籍をタイにして今も社長業。「タイのパスポートで日本に来るのって大変じゃない?」と聞いたら「元日本人だもん、簡単、簡単」と言っていた。そりゃまあ、そうじゃないとね。でも、私がバンコク在住時に、元日本人でタイ国籍にした人が日本の空港の入管で足止めをくった話を聞いていたので、ついそれが浮かぶ。時代は変わっているはずなのに。長いこと会ってなかったので、積もる話があり過ぎて、タイの様子を聞く時間がなかった。結局今年も行けない空気になっている。別に誰からも禁止されてないどころか、来い来い、行け行けが周囲の状況ではあるが、とてもじゃないが余裕がなさそう。こうしてどんどん時は流れるのだ。

ビエンチャン在住の友人は、何しろタイから国外追放の身で、これはやはりちょっと、相当かわいそう。バンコクの家族と会えるようにお隣のラオスに行ったけど、だんだんと疎遠になっているらしい。子どもにも何もしてやれないと言っていた。お金がないので当方の奢り。タイやラオスにいる人にとっては相対的にある方が出すのは当たり前なので特にお礼の言葉もなし。この間ビエンチャンに行った時もこっちもちだったな、確か。いきなり金持ちになった気分。こういうある意味、飛んでいる方々と続けて会った後に行動半径の狭い話をする機会があると、ギャップが面白い。どれもみんな日常。店は大急ぎで工事をしている。そっちに割いている時間はないから最低限しか関われない。ということを言っていたら、友達がホームページ作りについての提案を差し出してきたのでのっかる。つまり自分で作るのは、あまりに負担でしょ、ってことだ。自分の分野じゃないからその通り。枠だけお願いすることにした。日記も書かずにどんどん過ぎていくと過去が空っぽになりそうだ。
by kienlen | 2012-10-06 08:38 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー