小さな食堂にふさわしい広報

夫の兄から荷物が届いた。中身はナムプリックとホームページ制作ソフト。ナムプリックは夫へ。私も食べたいですけど、たくさんあるから食べられるだろう。ホームページ制作ソフトが私宛。IT業界にいる夫の兄には色々と世話になっている。困るとすぐに助けてくれるのだが、今回も、店の移転先が人通りのない場所なので宣伝しなければならずホームページを作りたいからいいソフトがあったら紹介してくれとメールしたら「買うな、いいのがある」ということで即送ってくれたものだ。ソフトがあるからできるのかっていうと、素人向けのものだから、それを使えばできなくはないだろうけど時間がかかるから、その時間を使うかどうかだけ。自分の場合、基本的にその道のプロに頼むのが一番と思っているが、小さな食堂のホームページが立派過ぎるのもバランス悪いなというのと、そこまでお金かけたくないというのがある。ブログでもいいんだけど、一応基盤も欲しいのと、それとブログだと更新しなくちゃみっともないが、ホームページなら最悪、基本情報だけって手もあるように思う。

それにしても、このように何のためでもないブログをたらたら書いている時間があったらちゃんと店の方に力を入れろよ、である。我が家の生命線なのだから。しかし、正直のところ、広報活動という目的のためのブログは挫折するのである。それって商売という観点から見たら逆にすべきなんだろな。それができないというのは商売に向いてないってことか。向いてないことをせずにどう生きるかがテーマの自分としては、この矛盾をどうするか、ってのは大袈裟か、そしてバカか。というわけで10年間の懸案事項解決のためのソフトだけは手に入れたというわけだ。ここから先をどーするか、自分次第。いずれにしろ、ふたつもブログを書くのは避けたいものだが…。当面、人に構っているエネルギーはないから、危ないタイプの息子に「家族に影響及ぼすことはしないように、自分だけ困ってとどめることのできる範囲で行うこと、体調管理」、娘に「学校関係、進路関係、親は分かりませんから自分でやって、それと体調管理」と言い渡すと、聞き飽きたという顔をされた。それもそうだ、昔から、この手のことしか言ってない。
by kienlen | 2012-10-01 08:55 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る