リンカーン弁護士

昨日見た映画。予告編を見て、面白そうだなと思ったのと、アメリカ映画は司法ものが好きなのとで、行こうと思っていた。うまくできたエンターテイメントって感じで楽しかった。主役が弁護士で、元妻が検事という、こういうのってあるんだろうけど、しかし…やりにくいだろうな…みたいな設定。で、この弁護士が経済観念含めて辣腕で、道徳観念はいまひとつという役。マンガチックな場面あり、シリアスな場面あり、人情あり、冷徹あり、ゲーム感覚あり、知能比べあり、謎解きあり。昔親しんだハードボイルド小説を思い出した。ずっとハラハラしつつも、娯楽だしという安心感もあり。

ちょっと陳腐だなと感じたのは、母息子関係かな。別に、あそこであの人が現れて、あんな事言って、銃をぶっ放さなくたってよくないかという感じはあった。やはり拳銃なしでは物足りないのでしょうか。帰り道、そういう武器が相対的には少ない日本って本当に素晴らしい国だと、改めて思った。で、夜は試写会で、こっちが素晴らしかったので昼のこの映画の印象が薄れた感はある。遅い時間に夫の店に寄ったら、知り合いのブラジル人がいて、ブラジルはアメリカより銃多いよ、怖いよ、オリンピック行くのも怖いよ、という話をしていた。
Commented by 雹子 at 2012-09-23 00:27 x
「リンカーン弁護士」は私も見てよかったと思いました。
主役のあのマスクは結構、好みですし、それ以上に元奥さんのマギー役は同性でもほれました。
そして、あのアンちゃとあの母については、関係性というよりかあの年の離れ方が妙に気になって不思議な感じでした。しかし、うまいですね、みんな個性的な雰囲気を持っていて、演技もなかなかよかった。

取り引きとかの速度が慣れないせいか、なんか速い飛んでるわ、と思いましたな。
Commented by kienlen at 2012-09-23 21:05
あのテンポは結構速かったけど、それもあれには合っていたと思った。確かにあの母子はちょっと不思議な雰囲気で何か秘めていることがあるのかって雰囲気あり。そのへんの説明はなかったけど勝手に考えろってことでしょうか。今、見たいのだらけ。時間あるかな。
by kienlen | 2012-09-21 20:27 | 映画類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30