夏休み最終日

娘の夏休み最終日。一昨日と昨日は午前中だけ図書館に行って宿題をやっていたようだが今日は在宅だった。部活もなく遊びに出歩くでもなく、お盆はじいちゃんと過ごし、何だか昔風の子供スタイル。私も今日は昼間出る必要がなかったので3食を娘と家で。夜は出かけるからと、夕食を早めの時間にして一緒にすることにした。そういう調整も娘だと話が早い。普通に伝わるからだ。普通に伝わるのが当たり前だと思ってきた自分が間違いだったことに息子で気付き、でもよく考えると夫がそういうタイプなのだった。そうだ、似ている。似ているといえば足がそっくりだ。この間、帰省した時、息子が「靴が合わないんだよね」と言うからよくよく足を見たら、父親にそっくりな、自分からするとかなり特殊な足型。つまりひじょうに立体的。

そう思っていたら、娘が「兄ちゃんとパパって足がそっくりだよね。寝ているとどっちか分からなくて考えちゃう」と言うのだった。考えなくてもいいと思うけど…。息子に「タイ人の足だよね」と言ったら「タイ人はみんなこうなのか」と聞かれ、そこまでは答えられなかった。もっと多くの足を見ておけば良かった。というわけで明日から弁当作りが始まる。炊飯器で自動でご飯を炊かないからには、5時半起きだな。塩麹を作るようになってから料理が妙に楽しくなった。肉を漬けておいて焼くと本当に美味しく弁当にもぴったり。何しろ簡単なのがいい。色々やってみよう。娘が家にいるのももう残りそんなに長くないのだと思うと、一食一食を貴重に感じる。
by kienlen | 2012-08-23 23:17 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30