日記風

昨夜、また母の夢をみた。これがまたすごいリアルで夢と思えなかった。なんだか知らないが私の目の前に現れて、この間死んだのは冗談だったと言い出したのだった。へえ、そんなことがあるんだと思いながらも平静でいる自分なのだったが、かといって一方で、でもこれからどうするんだろう、振り出しに戻って、と考えてもいるのだった。そしたらちょうど今朝父から電話があって立ち寄ると言う。幾分成長し過ぎたキュウリを3本と掘りたてのじゃがいもを少し、それから四国の土産だと京都の八ツ橋を持参。それと、ゲートボールの景品でもらったが要らないからと素麺。ハイハイ、どれもありがたくいただく。四国旅行の話など聞いた後、その母の夢の話をしたところ、弟の夢にも母が時々現れるらしいのだが「俺は1度も見てない」と言っていた。まあ、好きにやってくれと笑っていた。それでいいのではないだろうか。もうじき新盆だ。

お昼を友人たちと食べ、遠めな夜の仕事場へ。あまりの暑さに髪を切りたい願望続き、仕事場へ行く途中の温泉の中のいつもの美容院に行くことにして早々に向かう。久々に温泉にも入ってさっぱりしたかった。いつもの山越え。たいした山じゃないのに気温は26度くらいに下がる。里は30度超えていたよな。いつもの道だけど、山はリラックスできる、本当に好き。美容院は混んでいて30分ほど待たされた。こういうオリジナリティのあるビジネスで繁盛しているのを見るのは楽しい。この温泉自体も経営努力していることを感じる。切ってもらっている間にも次々と人が来て予約していく。ちょっと遅れたら時間が厳しくなるところだった。それから広い露天風呂へ。雷が鳴って雨の気配。雨のプールとか露天風呂は好きなので降るのを待ちたかったが、そこまでの時間もなく諦めて仕事場へ。本業じゃないけど働いた。
by kienlen | 2012-07-30 23:07 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31