昨日の見なかった虹

f0104169_6234097.jpg

娘の学校は高台にあり街を一望できる。昨日、虹が出たということで私にも見たかと聞くのだが、地元にいなかった、と答えた。地元にいても、その時にその場にいて、さらに虹を感じる気持ちがないとな、と思うと、見えなかったかもしれない。娘は窓から景色を見ているのが好きらしく、席替えのたびに関心事は景色がいいかどうか。黒板が見えやすいかどうかが話題になることは、もちろんない。今のところいい場所に当たっているらしい。それで携帯から写真が送られてきた。ついでに「今までの人生の中で一番完全な形の虹だった。」と言っていたが、写真を見る限り確かに。架け橋って感じですね。左の端が切れているのがちょっと残念だな。

本、読みたい。読んではいるけど、一所懸命にならないと読めないようなものを読める状態にないのでナガラで読めるものばかり。何か物足りない。先日も本屋に行かなきゃならない用事があり、ちょっと反省。アマゾンが行商みたいに頻繁に現れてあれこれと売り込むものだから、それで充足しているような気になる。しかしあれは自分の関心の中だけを回っているわけで広がりがない。あまり時間がなかったから本屋で見る予定はなかったけど、さすがに本屋に行ってそのまま引き返せずブラブラしてしまった。しかし重たいものは読めないのは自覚。小林信彦のエッセイ、柳田邦男、それと内田樹と橋本治の対談本の3冊購入。まあ、これらも変わり映えしないといえば言える。でも、週刊誌の連載を本にした小林信彦のはタイトルが「女優がB型」で思わず手に取ってしまったのだった。この疎外感、この孤独感は、そうだ血液型のせいだ、と思うことにした。それらしきことがちょっとだけ書いてあるみたいだったから買った。タイトルにやられた。それもB型のせいか。これをA型にして、A型の人が興味持つかどうかってかなり疑わしい気もする。
by kienlen | 2012-07-13 08:31 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る