お隣の子どもの成長

ウチは北側に階段があるので、上り下りの時に、南に大きく開口部のあるお隣の家の中が目に入ってしまう。覗きの趣味は毛頭ないけど、まるでモデルハウスのような家なので、見てくれって主張しているようでもある。真っ白なアイランドキッチンに白い絨毯。大きなテレビ。モデルハウスの宣伝に登場しそうな適度に素敵なカップルに小さいかわいい子供が3人。2人だともっとモデルハウスっぽいけど、3人も充分いける。庭もモデルガーデン。よく手入れされていてウチとは雲泥の差。そこに我が家から伸びていったらしいタラノメがにょきっと出ている。食べてくれているんだろうか、素敵なお隣さん。この間娘と近所の店に夕食を食べに行った時、そのお隣の車庫の前を通り「あれ、新しい車だ」と娘が言うから見たらベンツだった。すごっ。今まで見た車も珍しい色の見たことないデザインとか、なんか、みんなすごいのだ。時々止まっている親御さんらしき人の車もこれまた珍しい車種。こんな方が我が家のお隣にいるなんて、居住地の階層化がはっきりしている国だったら有り得ないよな。

かといってモデルハウスみたいな家には自分としては興味なし。システムキッチンも好きじゃない。どうも既製品が好きじゃない。選ぶより、ない物を作りたくなる傾向。よってこういうものを入れてないし、収納もないからすべて丸見えで、まあ大変というか楽しいというかな我が家。施工した建築会社の従業員が「こういう家は嫌だ」と言ったらしい。気持ちは分かる。そんなわけで模様替えまだ続行中。もう3か月近くになるかな。片付けたらひとり暮らしの友人とか父親とか、ひとりの人を夕食に呼ぶのだ。何しろ自分ももうじきひとりなのである。やはり人間関係大事だなと、このところ特に感じるようになった。娘が「隣の家の子、もうこんなに大きくなってる」とびっくりしていた。生まれたばかりだと思っていたのに。「見る見る大きくなるんだよ」と言ったのだが、ほんと、この娘だってつい最近までああだったんだからなあ。はあ、でも、やることはやったという感じはあるし、状況と自分の能力からこれ以上を子供にすることはできなかったと思う。もうしばらく面倒見るけど、その後はがんばってくれ。息子に2年、娘6年、まだまだじゃないか…。高齢出産のツケ。
by kienlen | 2012-05-21 21:37 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30