ヘビとワニとタケノコ

ビール飲みながらタイ人と話していた。コゴミをタイ風に調理したのがとても美味しくて「コゴミってタイにもあるのか」と尋ねると、たくさんある、ということだった。そんな話題から「タケノコの季節だねえ」「新鮮なタケノコ食べたい」ということになった。タケノコ採りに行こうと、と言うと「子どもの頃ねえ、お母さんとタケノコ採りに行った」と、そのタイ人が言った。「怖かったよう!」と言う。「ヘビ?」と聞くと「ヘビもワニも」と言う。日本だったらヘビの心配はあるがワニの心配はない。「竹林にワニもいるの?」とさらに聞くと「川の近くだからいるよ、たくさん」と言う。でも、そのワニは人を食べるワニではないそうだ。「小さいねえ、150センチくらい」とのこと。150センチのワニって、充分大きいと思うけど・・・。

タケノコ採りに行く人は誰もいなかったそうだ。「でも、私のウチは貧乏だったからタケノコ採りに行ったの」と言う。子どもだからヘビやワニが怖いということも知らずに母について行ったが、今考えると本当に恐ろしいという。つまり、振り返ってのこと。しかし竹の陰からワニという図を想像すると怖い。実家のタケノコがそろそろだろうか。畑のタラノメはかなり盗まれたらしい。昨日、今日と連続で別の友人と自然食ビュッフェの店に行った。美味しくて食べ過ぎ。家でも草が多い。この時期は、何とか食えそうという気分になる。昨夜も実家泊でよく眠れなかった。今日は早めに就寝。四十九日は今週の土曜日。家の片付けはまだ終わらない。すっきりして仕事を重点にしたい。今しばらくだ。
by kienlen | 2012-05-08 21:18 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る