今日のワンコイン昼食

友人がやっている農家レストランに行った。しょっちゅう行っているから、またまた。いつも娘と一緒だが、今日は友だちと映画を見るとかで朝から出かけていたのでひとり。このところ身体も頭も使わない日々で、もう隅々までますます鈍っている。ドライブしたら少し気分が改善されるかもと思ったのもある。昼前に到着すると、キッチンで男性が何か揚げていた。この店の名物にするというブラジル料理だそうで、揚げていたのはブラジル人だった。外では日本人男性がノビロを採っていた。ワンコインランチのメニューはノビロのおかかしょうゆ和え、そのブラジル風な揚げ物、タンポポの胡麻和え、カンゾウのおひたし、野沢菜漬けとひき肉の炒め物、野沢菜の芽のおひたし、長いものサラダ、ツクシの頭の天ぷら、ヨモギのてんぷら、知らない山菜のてんぷらなど。発芽玄米のご飯。山菜嫌いなら逃げ出すメニュー。
f0104169_18254194.jpg

つくしの頭だけっていうのは珍しい。友人はつくしの頭がコクがあって好きだし、ハカマを取るのが面倒なのでツクシは頭だけちょんちょんと取るのだそうだ。その後の姿を想像すると何かかわいそうな気もするが、全身食べられるのとどっちがいいんだろう、当事者は。私は茎の方が好きなのでちょっと分からない感覚。これを3人で食べた。とても食べきれない量。残りは持ち帰り。草食系にはとても嬉しい料理なので喜んでいただく。車だから昼間のドリンクはお茶だったが夜ならもちろんあれだな。貧しい者の味方、草や山菜を食べられなくなる原発反対。
by kienlen | 2012-04-22 18:32 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る