買いたい本がないはずないんだけど

友人がやっているカフェでお昼を食べての帰路、娘が本屋に行きたいというので行くことにした。私もちょうど本切れ状態。買う気満々で書店へ。ただし車だったので駐車料金的に時間を気にしながらということではある。やはり自分にとって日常的に興味があるものといえば本ということになるので、本屋に入ってザザザと見ると、あ、これっというのがあるはずなのだ。書名が出てこなくても、頭の中には欲しい本がいっぱいあるから、見れば思い出すはず。そして、買う気満々な時は買ってしまうのだ。逆に言うと、自分にとって本屋って、目的のものを探しに行くのじゃなくて、見て楽しんで買うんである。だって、目的がはっきりしているんならアマゾンで充分ってことになってしまう、残念ながら。配達料だってかからなくなっているし、迅速だし。

ところが全然ない、欲しいのが。こんなはずないと思ってあせるが本当にない。しょうがなく、新書を2冊、どうかなって思いながら持って、ぶらぶらしていた。娘は漫画が目当てらしくどこかに行った。そろそろでなくちゃと思っているところに娘が来て文庫本を1冊私に渡した。タイ語をめぐるエッセイの本だった。著者は知り会い。この本の存在も知っていた。かといって、あえて買って読むほどのものでもないと思っていたのだが、まあ、いいか、著者はいい人だし、ということで加えて3冊購入となった。もっとあるはずなんだけど、欲しい本が。なんとかして欲しいな。ってのはわがままですが。満足感のない書店内散策だった。あっちの町にはいい本屋ができている。近々仕事で行く予定が入っているので絶対に寄ってみたい。楽しみ。
by kienlen | 2012-02-26 18:30 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30