『福島原発の真実』

前福島県知事の佐藤栄佐久氏の著。読んでみなくちゃと思っていたのがそのままになっていて、この間本屋で偶然見つけたのでその思いを思い出してパラパラしてみたら読みやすそうだったので購入、パラパラの印象のまま読了。知事が汚職で告発されたとか辞任したとか聞けば、条件反射的に、はあ政治家ってそういう人種よね、と思っていた方が安易なんだろうが、そもそもその思い込み自体が危険なのであるということを感じる機会があまりに多く、それがまた怖すぎる。全く暗澹たる気分になる本なのだが、やはり知っておかないとならない内容だと思う。原発事故が人災だというのはよく言われていることで、しかし何が人災なんだ、具体的に言ってみろと問い詰められれば、いろいろ知っていないと答えに窮してもそう不思議じゃないと思うが、これを読めば答えに窮しなくなると思う。福島県が、知事も県職員もどうやって国と戦い、まあ、ここでは国イコールにほとんど官僚ということなのだが、どうやって破れたかが詳細に記されている。そして破れなかったらあるいはあの事故は防げたかもしれない、という意味で人災だってことが分かる。

政治家の本って、あんまり冷静じゃないのが多い印象を持っているが、つまりあまりに宣伝めいていたり、宣伝は否定しないけどそれきりで根拠がよく分からなくてうなずけなかったり、私的な恨みつらみだかが勝っているように思われたり、あるいはいかにも安易に作っているとか、まあ、そんなにたくさん読んでいるわけじゃないにしてもつまらんなと思うことの方が多い。でもこれは良かった。理路整然で理解しやすく平易でストレスない。ただ、ストレスないというのは本に対してであり、内容はもうあまりに酷くて吐き気がする。つまり原子力ムラの有様が。そこに地方をないがしろにした中央及びメディアがくっつき、ドロドロなのをいくら自力で整理して正論を言ってもわけのわからないドロドロに引き込まれ、でも短気を起こさずかなり巧妙に闘ってきたとはいえ、とうとう知事が汚職で逮捕されるという結末。これを読んで汚職事件がでっち上げでないと思う人って、まずいないだろうな。楯突く奴は葬れでやられてきた人は多いのだろう。いろいろな意味で必読本と思う。知らないって罪って、そうだな、つくずく、自分。正義が何かというには、まず判断材料がないと困るが、材料が偽物だったらどうしようもない。根深いけどその気になれば難しいこともないようにも思う。
by kienlen | 2012-02-18 14:19 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31