ゆっくりランチタイム

f0104169_7181424.jpg

母の見舞いの際、娘とお昼をどこかで食べようということになった。何が食べたいか尋ねると、彼女の答えはたいてい「たくさん食べたい」である。食べ盛り、羨ましい。質問と答えはかみあってないが。知り会いがやっている大衆食堂の大容量どんぶりとか揚げ物の定食とか、そういうものにするか、自分はちょっとなあ、と思ったり娘と話していたりしたら、その日は一緒だった夫が「うどんは駄目なのか」と聞いた。うどんだと自分で作った方が美味しいから外で食べるのは別のものにしたいと私が言い、そのうちにふと思い付いた。1度行ってみたいと思っていた店が病院の方面にあったはず。

それをふたりに告げて同意を得て行った。私設のギャラリーがあって、そっちに行ったことがあり、同敷地内にあるレストランに興味があった。結果的にとてもいい店だった。笹寿司があるなんて珍しい。大好き。大根の味噌漬けを具にしているということだったが、なかなか美味しく全体的に地場のものを使い工夫されている感じ。料理が出てくるまでに時間がかかったけど、マニュアル的でうんざりするサービスじゃなく心が入っていて気持ちが良かった。蕎麦もとても美味しかった。娘は蕎麦をどうしても大盛りで、ということで大盛りの天ぷら蕎麦。天ぷらも自分で作った方が美味しいと言うと「だったら何でもそうなるでしょ」と怒られた。それから人のをつまみ食いしていた。また行きたくなる店だった。行こう。
by kienlen | 2012-02-15 07:30 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る