新聞休刊日の意見

新聞休刊日。今月から日本の新聞の定期購読をやめてしまったので影響少なし。若い時から常に最低1紙、多い時は個人で3紙とっていたのだから、右肩下がりの新聞購読者の中では優秀な方かもしれないが、遂に脱落。先月まで基本はA新聞で、その他、仕事からみとか、強化月間とかでサービスのいい営業が送り込まれてきた時などに基本にプラスしていた。地産地消にもできる限り努めているし、中央発信のもので覆われるのがいいと思っているわけではないので、実は地方紙を応援したい気持ちはある。でも、興味を惹かれる記事を発見できる頻度がどんどん下がるのだった。販売店の人に「オリジナルな地元の企画ものを面白くしてくれたら取ります」と言ってみても販売と編集は別物だし、取り合ってもらったことがない。私なんかの意見が届くわけがないことは分かっているが、しかし営業トークでいいから「例えばどんな?」とか「それには腐心しているようですが、いかんせん読者の皆さんの好みは多様で」とか「過度に大衆を意識しているとポピュリズムに陥り、新聞本来の啓発役割が果たせませんので、これが悩ましいところです」とか、その場を楽しませる術を披露してくれれば、私はその術を評価して申し込んでもいいのに、楽しませてくれる人に会えないのは、私がたまたま不運なのか新聞販売における特徴なのだろうか。

質より量という手もあるから、新聞記者をしている友人に「テレビ欄をなくして記事にしてくれるといいんだけど」と提案したことがある。テレビを見ないのでテレビ欄は飛ばすし、スポーツ欄も見ない。それに各地のイベントを取材して○○があった→参加した××さんは△△と言っていた、という記事を読まないとなると、たまにリベラルな論客の論にがんばってね、と思う程度。ちなみにテレビ欄の提案は「テレビ欄があるから新聞を取るという人が多い」とのことで考える余地なし。せめて△△に、ニタリとしたくなるようなひねったコメントでも載せてくれれば、それを目当てに取ってもいいが、なぜか、楽しかったり役に立ったり勉強になったり、ナントカの大変さが分かったりする、従順なセンスの持ち主ばかり。ちょっといじわるでユーモアのある人もイベントに参加して取材を受けていただきたいものです。
by kienlen | 2006-04-10 17:32 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー