そこまで嫌われたか、新聞

年内にここまでは、と思っていたところまで大方やり遂げ一服したいところだと感じているところに友人から誘いの電話があり迷わず夜遊びへ。というのが昨日。といっても夫の店に遊びに行っただけ。最近余裕がなくて、そういう機会が少なかった。友人は酒を飲まない。私がビールを飲んでいたら、夫が「お客さんからのプレゼント」とお酒を2本くれた。ワインと老酒というのか、中国の酒らしかった。中国の酒らしき方は得体が知れず、どうしようかなと思ってカウンターに出しておいた。そこに知り会いの男性が入って来た。中国の酒らしき瓶を見て「これ、美味しいよ」と言う。中国ではなく、台湾で一番知られているもので、彼はその製造工場も見に行ったことがあるそうだった。このメーカーなら間違いなく旨いという。そんなら期待できるかなと思って開けた。その彼のお勧め通り、少し燗をして飲んだ。本当に美味だった。美味しいお酒って本当に美味しい。味見程度に留めておくつもりが、ついつい「じゃあ、もう1回」とお燗を続けた。

私はまだ新聞を読んでなかったので、飲みながら目を通そうと思って持参してカウンターに置いていた。それを見て、その彼がちょっとしかめ面になり「東京で電車に乗っていると、今でもたまあに新聞広げて読んでいる人いるんだよね。あれ見てると、この人パソコン使えない人だなって思う」と言う。なる程。そういう時代なのか。ちなみにこの彼は東京在住者である。システムエンジニアである。たまにアルバイトで家電屋の売り出しの手伝いに来て売りまくるそうだ。で、私の携帯を見て「こんなの今だに持っている人がいたらスマホを売りまくるね」と言う。私が携帯はネット接続してないと言うと呆れてモノも言えないという風だった。「パソコンだって、仕事に使えれば充分だし」と言うと「それは使っているうちに入らない」そうだった。それにしても、新聞ってそんなに不人気なんだ。私は新聞を持ち歩くことがひじょうに多い。集中しなくても目を通せるし、出先で処分できるし、電池切れにもならないし便利じゃないか。それにしても、それでパソコンできない人って判断されるのか、なんか完全に新しい時代に突入、みたいな感じがした。なんて今さら感じる自分がどうしようもない時代遅れ・・・。
by kienlen | 2011-12-25 10:54 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る