夢は何ですか

いつのまにか12月も半ばに差しかかろうとしている。娘が起きてくるなり「雪」と言った。外を見ても舞っていないし道も白くない。「冗談で言ってるの?」と尋ねると違うと言った。朝食用にりんごの皮をむいて、その皮をうさぎにやろうと外に出たら所々に溶けきれない雪があった。本当だった。高い山は深く真っ白になっているし、別の場所でも初雪に触れたが、家でこういう風にまともに見たのはこの冬初めてかも。それにしても日記がこのザマ。最近、書くのが恥ずかしくなっている。年とってもちっとも変わらないではないか、というのが一因。しかし、昨日もっと年上の人に「夢は何ですか」と聞かれて、そうか、それでいいのか、と妙に納得。それで書く気になった。といっても夢を語る元気はないのだが。

夢は何ですか、と聞かれて、その後で夢に向かってやりましょう、みたいに言われて、それに同調できない自分って何。と、自分のことをつい考えてしまうのが恥ずかしい感の根っこなのだが、別に視点をやるとしたら何があるのだろうか。それが思い浮かばない。うさぎの気持ちになるとか、あの人の気持ちになるとか、それで答えたところで意味ないしなあ。まあ、それに今回は自分が聞かれている当事者だった。夢・・ですかあ・・そういうの・・ないですねえ、と答えつつ、それって本当かなあという気持ちも一方にはある。そういえば昔受けた公務員試験にもあったような気がする。夢を書けという作文。当時からなかったから書けなかった。こういうものって、書くことによって焦点化して自分の気持ちを明確にせよという意味なんだろうか。昨日はその後も話していて、夢といっても、何が欲しいとか、どこかに行きたいとか、その程度のものでいいことが分かった。それでも答えられない。欲しければ買うなり入手しようと思うし、行きたければ行くしなあ。気持ちと行動の間にそんな大きなギャップがない。これがすなわち夢のない者のタイプってことか。あえていえば、その時ジタバタしないのが夢かな。そこに向かって歩んでいるって感じがしている。地道と言うんだろか、いや、そういう生き方でもないか。ああ、恥ずかしい。
Commented by jun at 2011-12-11 07:49 x
「ゴール」が唯一の目的ではなく「歩み」ですね。
今度の日曜日、旧中山道の蕨から大宮まで半日ゆっくり歩きます。宿場・本陣を訪ねながら自分の足で歴史に触れるのもいいかなと思っています。旅行会社のツアー企画ですので手軽で冬場の運動不足の解消になるかなとも。良ければご一緒にどうぞ。
 私の小さな夢の一つはファーストクラスでシャンパンを飲むことでしたが、お金持ちが退屈そうに乗っているか、世俗的大衆的になっていると知り、またユーチューブでも見れるので夢でなくなりました。
とりあえず今は、毎日でも出来るお楽しみの朝風呂にゆっくり入ろうっと。
Commented by kienlen at 2011-12-11 08:12
junさん、おはようございます。いいなあ、私も参加したい、歩きたい!今何もできない状態です。ブログも書いてないし。とにかくもう少しでお仕事一段落なのでそしたら遊びにうかがいます。と、ずっと言っているな。とりあえず今日はスティングを観に行きます。何十年ぶりでしょうか。朝風呂は私も毎日やってます。
by kienlen | 2011-12-09 08:04 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る