いつもと違う週だった

玄関ドアのノブが壊れて交換した。しばらくしたらまた調子が悪くなった。開かなくなってしまった。ところが、反対方向に回すと開く。押しても駄目なら引いてみな、って比喩かと思っていたけど、違うんだ。下で駄目なら上。構造的にどうなっているのかが分かる人なら不思議でも何でもないんだろうけど。とにかく反対方向の癖がついたら、どのドアも同じように回しかけてしまうようになった。何気なくやっていることほど意識化するのが難しい。年を取って柔軟性を失うとか、新しいことを覚えるのが苦手になるといわれるが、何気なくやること、習慣が多くなって、それだけで日常が成り立ってしまうからということはあるように思う。

そんなことをドア以外でも感じた週だった。で、どうするかというと、疑問を持たずにあちらの習慣にはまるのが一番楽なのである。なるほど、若い時からこうできる人だったら、人生違っていただろうな、自分、などと感じたりしたわけだった。今日と明日は東北旅行の予定だったのに全滅だ。簡単に取りやめにしているとほとんど何もできなくなってしまうので、なんとか行きたい方向でがんばっていたのだが無理。それに娘の風邪も完治してないし、どうも夫にもうつったらしい。そういうことであれば諦めもつく。来月のタイはどうだろうか。まだ予定という段階にも行ってないけど。タイまで行ったらミャンマーに足をのばすか、あるいはクメールか。そこまでの余裕はあるかなあ。そっか、こうして先に楽しみをぶら下げることで今を耐えるってあるんだな。自分にはあまりない経験。
by kienlen | 2011-10-09 08:13 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る