これから通いたい美味しいパン屋さん

f0104169_20175620.jpg
この間、娘が学校から帰宅するなり「ケーキ食べたい」と言った。テストが終わったのでリラックスしたいということだった。その時は私もちょうど、何だか外に出たい気分の時だったので「林の中のカフェでも行こうか」ということになり、30分くらいドライブして山へ行った。こういうことができる場所に住んでいるのは、山好きとしては、本当に最高。夕方に通ることはあまりないので日の差す方向も角度もいつもと違うと木々の趣もいつもと違う。きれいだねえ、そうだねえ、という会話ができるのは娘くらいだ。夫だったら寝ている。息子だったら無関心。だったらひとりの方がマシというわけで、ひとりで行動する癖がついたというわけなのかどうか、でもこのところ娘がいる。娘との関係って、ヤバイなと思うことは多々ある。実に平和で話が通じるから、ともすると閉じた関係になる、ってこともないけど、他の人といるよりいいや、ということにはなりやすい気がする。母子密着分かります。暇で経済状態が安定していれば、ということは、つまりわが家にはあり得ないけど。

山小屋風の店内と外のガーデンカフェ、お隣はそばの畑という最高のロケーションのカフェへ。庭を散策して、娘はレモンパイを。ケーキなんか食べたくない私はハーブティーを。それから帰り道に、存在は知っていたけど行ったことのなかったパン屋に寄った。薪の窯で焼くヨーロッパスタイルのパン。私はハードなのが好きだけど娘はどうかなと思ったら、試食品に旨い旨いと感動しているので買ってきた。ふわふわで食べた気のしないパンなんか嫌だと思っている者には、本当に美味しい。これならパンを食べてもいいなって感じ。写真がないので、ベトナムのフランスパンを。ツアーでなかったら買ってみて試食してみたかった。もう絶対あんなツアーで行きたくない。どこかへ旅したい。10月はもう完全に無理になった。11月はどうだろう。時間があったら行きたい。
by kienlen | 2011-10-01 20:34 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー