朝の簡単な山歩き

朝、里山をトレッキングしてきた。適度に汗をかいて快適だった。昨夜、友人とメールのやり取りで急遽決めたもの。9時半からというから8時にしてくれと頼んで、8時に現地集合。いくら里山とはいえ1時間か2時間歩くのだから一応朝食は多目にとった。ご飯2杯分くらいと昨夜煮付けた魚と昨夜の残りのマコモタケの天ぷらと味噌汁をかきこんだ。これは正解だった。結構な坂道が続き、食事なしではふらついたかも。自分が育った村の裏山みたいな道だった。懐かしかった。山歩きの心配は熊だけで、それがなければこの程度はひとりで散策だっていいのにな、と思う。

市を見事に一望する展望台で友人としばし雑談。それから引き返した。これでちょうど2時間。歩いていた時間は多分1時半くらいなもの。全体に1時間早めたらもっと快適だろう。今日の8時といえばもう朝の爽やかさが遠のいて残暑ギラギラって感じになっていた。空は秋の気配。そして萩がたくさん。これでビール飲んで寝たら最高だけど、ちょっとそれはやめとこ。山を歩くのは気持ちがいい。やはりもうちょっと山らしいのに行きたいことは行きたい。来月は市の広報で募集していた山登りに申し込むつもり。足やら腰やらを痛める人が続出なのと、もともと歩くのは嫌いという人もいて、山への連れを探すのは難しい。その上に日程が合うかどうかとなると結構難しいんである。そういえば今回だって春以来だ。
by kienlen | 2011-09-18 10:51 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る