『日本人が知らないウイキリークス』

これ、すごく面白かった。たまたま書店で見つけて購入してあったもの。この頃の本はどれもはずれがないが、これもかなり。こういう分野に詳しい人にとってどうなのかは分からないし、ウイキリークスについてはいろいろ出ているが他を読んでないから比較もできないが、なんかこれ1冊で1人前に分かった気分になってしまうというのが怖い、でもまあ内容はもっと怖いです。若手中心に7人の、主に研究者がそれぞれに執筆。政治学、社会哲学、経営学、思想史等。それとジャーナリスト等。ウイキリークスのことは、ジャーナリストが大変なこととして捉えているのを聞いたことがあるけど、日常の話題になっていない、自分周辺では。日本って呑気な島国なんだろうな的な思いを抱いていた。

これを読むと、いかに深層の部分で革命的かが分かる。アサンジ氏のこともゴシップ的じゃなくて、分析が面白い。ウイキリークスって聞いたことある、程度の自分のような者には実に分かりやすく、ツボにくる内容と読みやすい記述。大変満足でした。新書ってありがたい。専門的すぎずに解説してくれて800円程度。ウエブ進化論を読んだ時も、当時としては、へえって感じだったけど、でもなんか楽観的な印象があった。こちらも革命的であることは同じで、でも楽観でも悲観でもなくて、納得な内容。娘も読みたいというが、でもちょっと難しいんじゃないかな、と感じる程度。
by kienlen | 2011-09-16 22:38 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30