旧暦だと今日から秋

秋の気配。今年から使っている旧暦カレンダーによると、今日から10月26日までが秋。夏は5月3日から昨日まで。そう書いてある。今年の七夕は新暦の8月6日だそうだ。今週はあまりというかほとんど家にいられなかった。娘と家で夕食を作って食べたのは昨夜のみ。おかげで、なんとか手入れはしていたのに気持ちをこめる余裕がなかったせいかどうか、ぬか床は酸っぱくなるわ、ピクルスも怪しくなって冷蔵庫に入れることになり食べている時間はないわ、整理整頓はますます全くできないわ、庭のきゅうりはお化けのようになるわ、うさぎの餌は不足気味になるわ、というような週だった。いっそ外国とか遠くだったら外も楽しいが、毎日近間をうろうろというのは何か半端なのだった。それも金曜日でおしまいで、昨日と本日は明日からに備えてたまったものを片付けていた。なんとかつじつまを合わせたというところ。

寝不足気味でもあったのをこの2日で解消。きゅうり採りから戻ってしばらくは気分すっきりだが、しばらくすると眠くなる。外仕事だと眠くなる余裕もないが、在宅仕事はこういう点は余裕なので本でも読みながら、と思って横になるとすぐに睡魔に襲われる。何しろスタートが4時であるから一眠りして起きてもまだ朝なのであるが、いつも遅い娘が一層遅いのを不思議に思っていたら「ママ、ママって呼んだのに起きなかった」「近くのソファで待っていたのに起きなかった」と言うのでびっくりした。普段はそんなに熟睡タイプじゃないので割と簡単に目を覚ます方なのだが。どこでも眠れる友人を見て凄いと思っていたけど、単純な話、寝不足でいればどこでも眠れるわけだ。寝付きもいいわけだ。つまり日頃眠りすぎているってことか。それにしても赤ちゃんだったら親が眠かろうが具合悪かろうが疲れていようがお構いなしだが、楽になったものだ。って、高校生に向かっての感想でもないか。何もかもあっという間で赤ん坊も高校生もいっしょくた。
by kienlen | 2011-07-31 20:27 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー