朝型にする

起床時刻3時50分。まだ暗かった。娘の弁当を作ってから支度して、ちょっと雨っぽいのでレインコートも一応車に入れて4時半に出た。待ち合わせは5時。それからキュウリ畑に行って収穫作業。今日から始まったアルバイト。目的はいくらかでも収入がないと困るというのはあるが、だいたい農作業でたいした収入を期待することなどできるわけない。一番は早起き生活にしたいから。それから、農業のことをずっと考えていたら友人を通じて持ち込まれた話なので、これもご縁かなと思ったこと。キュウリの収穫で何か身に付くわけじゃないけど、どっちかというと例えばデータ入力作業なんかよりもこういう作業の方が好きである。とにかく朝早起きしてちょっとでも体を動かして、仕事もぐずぐずしないでもう少しテキパキしたい。強制的な早起き手段としては理想的。ただ、ちょっと早過ぎな感はあるが、期間限定だし夏だし。それとここまで早いと、他のことに影響ないわけである。自分が関わっているような仕事では、7時に来いとか言われることは、まあない。それと駄目な時は連絡すればいいのが何といっても理想的。

それにしても話に聞いてはいたがびっくりなのは出荷の規格だ。スケールが用意してあって、ランク付けされる。自分が普段食べるようなのは大きすぎて規格外。出荷先の都会の人は若いキュウリちゃんが好きなのだそうだ。曲がっていても駄目。キュウリなんか当然曲がるのである。畑を回って「一体何%出荷できるんだ」と心配になってくる。味の良し悪しとか農薬の多寡とか気にするのは分かるような気がするが、ここまで細かく定めるとは、と最初は腹の立つ気持ちだったが、そのうちに「曲がっちゃ駄目でしょ」とキュウリに言いたくなっている自分に気付く。こうして洗脳されていくのだな。初日の作業は2時間で打ち上げになってしまった。風呂に入る前に在宅の一仕事してしまいたくて取りかかると妙にはかどる。それからご飯を食べて風呂に入りたかったが次の約束の時間になってしまった。結局風呂に入らないまま外出。ま、たかだか2時間のキュウリ取りに汗をかくほどのこともない。
by kienlen | 2011-07-07 14:40 | 仕事関係 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る