タイ人とネパール人のレストランへ

久々にローカル電車でお隣のお隣の市へ。ランチにかかったので地元在住タイ人の友人に電話したらちょうど一緒に食べられるということになった。インド料理の店で行ってみたい所があるということで行く。インド料理と言いつつやっているのはネパール人だったりスリランカ人だったりするのはよくあるよね、なんて話をしながら行ったらネパール人がやっていた。ランチビュッフェにする。インド料理ってどうしてビュッフェが多いんだろう。全く辛くなくてびっくりした。いくらなんでもここまで辛味がなくてはあまりに物足りない。友人はインド料理が初めてだという。私はバンコクでもよく食べていたのでこれもびっくりだったが、彼女の出身のチェンマイにはないということだった。

サービスをしていたのは日本人女性だった。あちらから「どちらの国の方ですか」と聞いてきて「タイ」と答える友人。その日本人女性はネパール人男性の妻だった。もちろん友人のタイ人も国際結婚だし、多いなあ、毎日そういう人ばかり出合っている感がある。そういえば自分もそうだった。でももう世代が違っているからいろいろ事情も違うんだろう。このところ車でばかり出歩いているのを電車にした。帰りはリラックスできて景色を見たり眠ったり。衣替えの日というのに雨が降って寒い。こういう日は歩くに限る。3時間くらい歩いた。このところズックに近い靴にしているが、登山靴だったら3時間歩いても平気だが、普通の靴だとちょっときつい感じだった。夜は飲み会。80歳くらいの人の方が元気。
by kienlen | 2011-06-01 23:46 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る