末端まで硬直

ちょっと反省。いつも超少ないアクセス数が、少しアップしたのでおかしいなあと思って検索ワードを見たら芸能人の名前がトップに来ていた。岳という映画のことを書いたせいだ。有名芸能人の名前の集客力ってすごいんだということを見せつけられた。という反省でした。まあ、謝るようなもんでもないけど。昨夜はよく眠れなかった。夜、友達が「歳取ると朝の4時頃には目が覚めてしまう」という話をしていた。私と違わない年齢なので、他人事ではないはずだが、私の場合は、今のところ4時に目が覚めてもまたすぐに眠るので、歳のせいで眠れないという実感はまだない。でも、そうなるんだ、そうなるんだ、と暗示がかかったようで3時に目が覚めてしまった。ああ、この年齢になると眠れないんだ、眠れないんだ、と思って起きて風呂に入った。朝型にしたいという希望はあるから、そのまま起きていようと思ったが、メールを一通書いて読みかけの本を読んでいたら結局また眠ってしまった。字面を追っても頭に入らないし、なんか最低な気分だった。もう朝の3時に風呂に入るのはやめようと思った。

娘は友達と映画を見に行った。私は少しある仕事を片付けたかった。ひどく半端な状態。仕事が半端、気持ちも半端でしっかりと集中しにくい。しかし明日は娘と映画の予定なので今日のうちに少しすっきりしたいのだ。でも集中できずに室内をぶらついていたら友人が2人訪ねてきた。コーヒーを飲みながら少しおしゃべり。もともとは違っていたのが、今は教育関係の仕事をしている人からの話が中心。民間の者が行政の方々に接して感じることは、まあ、似たようなものだ。片っ端からうなずいていた。ここまで隅々まで硬直させることができる仕組みって、驚異である。ここまでくると硬直が溶けたら全部がメルトダウンしちゃうってところに来ているような気がしてならない。このところいくつかの例でその感じが強まる一方。怖いばかり連発するのはどうかと思うが、なんか、やっぱり怖い。
by kienlen | 2011-04-16 14:27 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー