暇だから考える考える

手打ちのうどんを食べたくなった夕食。娘は留守。定休日の夫はいる。ずっと寝ていると思ったらお風呂に入ったり掃除機をかけたり洗濯機を回したりの音は聞こえたから、何か動いてはいるらしい。うどんを作るのに1人分じゃあやる気がでない。娘とは食べたいモノの好みが似ているので楽で、自分が食べたいものを「◎◎でいい?」と聞くと、たいていは「いいよ」と返ってくる。そのつもりで夫に聞くわけがなく、というのは、このまま家にいるとは、いつもの行動パターンからは思えないのである。それで「夕食食べる?」と聞いてみた。「なんで?」と聞くから「食べるならうどん作りたい」と言うと「いらない」と即答。私も鈍感だと言われるから気遣いのない人を責めるつもりは毛頭ないが、つまりこうして人は傷つくのだろうか。といっても別に私がこんなんで気にしていたらこの家族はやっていけないのである。もっとも今がやっていけているのかどうかは知らない。

それから夫は出て行った。私の食に対するこだわりがそこまで強いわけでもないのでうどん諦め残りご飯でキムチ雑炊。野菜がたくさんあって嬉しい。本当に嬉しい。そうだった人達の普通の幸せを奪った原発事故。今の日々を思うにつけ、何か自分程度に半端に孤独な人のつながりの場を作れないものかと思ったりする。こういう時もやっぱり何か根拠があるとやりやすいのだが。カウンセラーです、とか、何とか。ふん、似合わないか。やっぱりカフェかな。コーヒーとココアはうまくできると思う。座布団とかカフェカーテン作りも得意。エプロンとかユニフォームも作れると思う。しかし料理がなあ。そうか、うどんカフェというのもありか。食べなかったからこだわっているわけじゃないが、ないもの探しじゃなくてあるもので考えようって、そういえば昨日見た映画でも言ってた。編み物もあるぞ、無農薬野菜を作っている友人のを仕入れることもできる。タイ料理は夫の店から仕入れる。パンを焼くって言っている友人もいるし、花とかカメラとか先生とか、そういうのも大丈夫そう。こうしてみると自分はともかく利用できそうな資源はいろいろあるな。
Commented by jun at 2011-04-04 08:44 x
もうカフェのイメージは出来ていますね。
「あるものを 生かして使う お手伝い」 これはウチの店のスローガンです。似てますね。他で出来ない修理は得意分野ですのでカフェのメニューに加えて下さい。手数料は折半で。
昨日はこちらは「ツーリスト」を見ました。結構良かったです。鑑賞後「かんだた」で少しのビールを飲みながら餡かけ揚げ焼きそばを食べて、久しぶりにまた地元でNさんと合流して飲むみ直したら飲みすぎました。
やっと回復。福島入りしてきたNさんの話では報道と大分違うようですね。私の仙台の友人も報道とかなり違う感じでした。
では。
Commented by kienlen at 2011-04-04 15:34
メニュー増えた、ありがたい。折半じゃなくて8掛けで、以上やる前から交渉。Nさん福島に行っていたんだ。連絡してみよかな。
by kienlen | 2011-04-03 21:17 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30