日本社会の一隅にて

夫の店に行ったらカウンターに小さな子どもがふたり陣取ってテレビを見ていた。ニュースを見たいのに、アニメかなんか見てる。馴染んでいる感じ。子どもだけでこんな店に来るとは見上げたもんである。聞くと、母親がパチンコに行っているから預かっているという。それでまた思い出した。何かの刺激によって思い出すというのは、やっぱり歳なんだろうな。思い出す事柄がいっぱいになっているわけだ。もう何年も前のことになるが、(きっと)きちんと育って東大を出て高等教育機関で教えている友人が、タイ人のやっているスナックに行ったら小さな子どもが寝ていた、と言って憤慨していたっけ。私は「だってお母さんがスナックやっていたら連れてくるしかないじゃない」と言った。社会階層の上の方に属するような人よりも、そうやってギリギリになんとか生活している側に共感を覚えてしまうのは、自分の境遇を考えてもしょうがない。でも、共感してすませていいのか、それはそれで分からない。

そこでパチンコである。働いているなら許せるがパチンコは駄目というのは成り立つのかどうか。仕事がなくて本気でパチンコで稼いでいる人って結構いるんだなと知ったのも何年か前だった。子どもを抱え、特に特別な能力もないタイ人の女性が働ける職場なんて、まずないか、あっても賃金はひじょうに安い。となると、腕が良ければ何万か稼げるパチンコで生活するのは選択肢としてはアリだろう。リスクが高いことは高いが、稼ぐために本気になって、そして重要なのは、自己コントロールができれば、ヘタなバイトよりもいい、というのは経験者から聞いた。私はパチンコに楽しみを感じないのでやらないし、貧乏性なので働かずに金を得ようという志向性もない。なんてことを友人に言ったら「パチンコも労働」と言われたことがあるが。で、その子達はジュースを飲みながらテレビを見て菓子を食べ、それからチャーハンを食べた。母は来ない。夫が「6時半に来るって言ったのにもう8時半だ」と言う。まだ来ない。9時も過ぎると、7歳のお姉ちゃんがあくびを始めた。4歳の弟は、なめた飴をつかんでドロドロの手を見せる。10時近くになって帰る時点でまだ母帰らず。タイ人に限ったことでないのだろうけど。
by kienlen | 2011-03-31 23:41 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31