国際化って言葉があったな

はあ、昨日から今日にかけてはたくさんの外国人さんと出会った日だった。昨夜は「例のラオス人がパーティーをやるそうだ」と夫から言われていた。「紹介する」とも。例のラオス人というのは、この間店に来た人だそうで、どっかヨーロッパ生まれのラオス人ということだから「難民の子どもかな」と言うと「そう」と言うが、事実確認をしているのかどうかは知らない。自分は比較的根掘り葉掘り聞いてしまう方かもしれない。そういう自分からすると夫というのは、一体人と何を会話しているのかと不思議なくらいに情報量が少ない。まあ、店をやっていて根掘り葉掘りは御法度であろうから、これはもう職業柄であり、私も店をやっていたら性格も違っていたと思う。他にも友人が来るということになっていたので早めにお店へ。厳しい寒さが和らいで自転車が快適。出掛けるのが億劫でない季節だ。夏になると日焼け止めを塗ったりが面倒になるから今が一番いい。

そのパーティーの面子は、見事に白人さんが多かった。10人以上集まった。外国人さんはよく見かけるから別に珍しくないけど、ナニジンか知らないがここまで白人さんばかり集まるのも、ここはどこ、って感じ。隙を見て夫がラオス人を紹介してくれた。タイ語を話すのでタイ風の挨拶をしようとしたら握手された。「どこのご出身で」と尋ねると「オランダ」と言うことだった。「なんでタイ語ができるんですか」と聞くと「ボランティアに行ったから」。隣にいた日本人が話しかけると日本語で答えていた。日本語も少しできるらしい。何でここにいるのか聞いたらホテル勤務だった。「今日のパーティーはどういうご関係の方々で」と聞くと「あれがガールフレンドで、あれが彼女の妹」と言うだけで、もう時間切れで宴席に戻って行った。そこにネパールでボランティアをしている友人が入ってきて、外国人さん達の中に入っていき、私は帰宅。そして今日はアメリカと日本を行き来しながら育った人と話した。興味深い話の数々。その後タイ人とビールを1杯だけ飲んだ。明日は韓国人の経営する会社へ行くんだった。居ながらにして国際的に活躍…している気分になったりして。
by kienlen | 2011-02-23 22:28 | タイ人・外国人 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31