なんか違和感な対応

あまりエネルギーレベル高くないので、なるべくエネルギーを使わない生活を心がけている。すると、かっとするような場所には出たくない、ということになる。かっとすることで何日分かの力が失われると困るから。これぞエコ生活…かな。今日、私は県の収入証紙というヤツを買わなければならなかった。娘の高校受験の願書に添付するのだそうだ。娘が締め切りギリギリになってから、それを貼ってないことに気付いたということで日曜日に「県庁に売っているから買って」というのだった。県庁日曜日休みよ。すると「じゃあ、月曜日でもいい」という。ついでに「市役所にもある」と言う。市役所の方がよほど近い。月曜日、つまり本日、私は出る用事があり、それも長丁場だし、朝を逃したら市役所の営業時間内に間に合わないことは確実。その上、自分の用事以外は、極度に忘れっぽい。子どもの用事はたいてい忘れる。子どもが言ったこともたいてい忘れる。これもエネルギーが足りないせいである。そっちに頭も力も回らないんである。子どもはそれを分かっているから対処方法を身につけている。でも受験を逃すわけにいかないから付箋に「収入証紙」と書いて目に付く場所に貼っておいた。

そのおかげで朝はちゃんと覚えていた。仕事をちょっとやりたいのを我慢して市役所に行った。売店に行って「県の収入証紙下さい」と言った。「いくら分ですか」と言われた。当然。娘からは2200円と聞いている。が、金額間違ったらどうしようもないから「公立高校の受験用なんですが」と言った。通常の商品知識の中に入ると思ったから。すると「いくらですか」と聞き返された。「あ、そんなにたくさん種類あるんですか」と聞くと「そりゃ、10円から何万円までありますよ」と言う。まあ、そうだろうけど「公立高校の入試なんですが」と言ったが全く歯が立たない。金額だけくどくど聞かれる。すると2200円が怪しく感じてしまう。ヘンな心理。市教委には知り合いが何人もいるから「内線で市教委につながりませんか、聞きます」と言うと「高校は県ですよ、ここは市ですよ!」とバサッと言われた。ここまで言うかなあ。いっそ「あらら、子どもの受験なのに金額も知らないなんて!!」と言われた方が一応ポイントは合っていると思うのだが。ずれついでに当方も「市教委には中学の先生だった人がたくさんいますからご存じかもしれませんので」と言ってみたがやっぱり歯が立たない。また管轄の話になる。行政機関って売店まで超超縦割りなんですね。本当にびっくりしたけど、県の証紙を市でも扱ってはいるのが不思議。しかし、どのくらい忙しいのか知らないけど、公立高校の証紙の金額くらい店員さんの知識として知りたくないのかなあ。私が店員だったら知りたい。そしてその場で調べる。仕事として必要な知識と思うから。かっとはならなかった。呆れた。
Commented by tate at 2011-02-22 15:24 x
私も金額に自信ないまま窓口で聞きました(^^)/
JAのおば、いえお姉さんは「高校入試は2000円の場合と2200円の場合があります」と教えてくれました。定時制が安かったはずだから「2200円で」とすんなり買えました。帰って夫に話したら「知らずに買う人はいないだろう」と責められましたが。
それにしても娘の中学の締め切りは14日でした。早過ぎ!しかもなんで月曜日?一日遅れて提出でした。
Commented by kienlen at 2011-02-23 07:54
JAでも扱っているんだ、そっちに行けば良かった。娘に話したら「2200円って言ったでしょ」と言われました。息子の時はどうしていたのか覚えていない自分。こちらの締め切りは直前ですよ。14日って早いね。そして月曜日に「何で?」は同感。
by kienlen | 2011-02-21 22:45 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31