愛車の不調

突然の外仕事。他を調整して行くことにする。途中に山越えがあるので久々に温泉にでも寄るかと考えた。でも友人が寄ったり、世話すべき人の食事作り等々で遅くなってしまい温泉は諦めるにしても山越えはするつもりだった。ところが。車を出したものの何か変なのである。つい先頃車検をしたばかりだから安心していたのに奇妙な音がする。寒さのせいかなあ、だったら温まったら改善するかも。しかしおかしい。途中にいつも頼んでいる修理屋があるので寄りたかったが、時間がない。まさか車検直後でおかしなことはあるまい。しかしさすがに山の中で立ち往生のリスクをおかす勇気はなく、国道を走った。辺鄙な所のない場所なので何かあっても大丈夫、と思いたい。

とにかく目的地に到着し仕事した。それですっかり車の事は忘れた。走り出してすぐにもっとおかしくなっている感じを得た。参ったなあ。明日も出かけなければならない。朝に車屋に持って行って代車を借りて行くしかないなと考えながら走っていたが、どうにも不安である。8時近かったが車屋に電話してみたら、持ち込んでくれと言うので寄った。車検の直後じゃあ、車屋だって不安なんだろうか。友人から夫の店にいるという連絡をもらっていたが、行けないと連絡しようか。でも、もう時間も時間なので代車を借りて車は預けることにした。あー、とんだことになってしまった。昼間は少しずつ日差しも強まっているし、なんとなく今日までやってこれたことに感謝の気持ちがあって、なんとなくいい気分の日だったのだが、車の件で台無し。たいしたことなければいいのだが。
by kienlen | 2011-01-24 22:02 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー