土曜日の色と仏さま

昔から紫が好きだった。洋服なんかも紫が欲しくなる。しかし紫を着るのはなあ、みたいなところは若い頃はちょっとあった。タイでは曜日毎の色というのがあり、例えば日曜は赤とか月曜日は黄色とか決まっていて、その曜日の色の服を着て出勤、なんていう人も多分まだいるとは思う。私がバンコクで働いていた時は職場にそういう人がいた。占いで「赤は良くない」と言われたと赤い服をたくさん処分のためにもらったこともある。赤も好きなのでありがたかった。で、日本人は自分の生まれた曜日をあまり知らないように思う。私も知らないままにきた。タイのお寺に行くと、それからビルマにもあったように記憶しているが、よく、曜日毎にそれぞれの仏像があって、自分の生まれた曜日の仏像を拝むようになっている。その度に、曜日を調べないと、と思いつつ忘れて今日まできて、やっと先日調べた。ネットで調べられるから簡単。

なんと、土曜日だった。なんと、なのは、土曜日の色が紫だから。驚いたと同時に嬉しくなった。紫が周辺に多かったのはもしや幸運だったのかも、ということで。ま、色もそれぞれにいいから、赤だって嬉しくなるし緑は緑だし、ピンクだって好きなので、どれでもいいと言えば言えるが、紫というのは格別な感じ。安心して好きになれるというか。これってもしや信心深い…なんて言うと信心深い人に怒られそうだ。
f0104169_1027226.jpg

右端が土曜日の仏さま。後部は蛇で、どうも7体の中で最もごつい感じ。お隣の立像は金曜日、その横でお座りになっているのは木曜日。土曜日の紫で星座は蠍座。くどい、しつこい感じがある。さて、今日は土曜日。語学スクールをやっている友人がビルを買ってスクールを移転という景気がいいんだかどうなのかよく分からない再出発をしたというのでお祝いに行って来る。その後は新年会がある。だんだん付き合いのいい人になってきたような気がする。
by kienlen | 2011-01-22 10:39 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31