雪、止んで下さい

えらい雪になってしまった。昨日10センチか、なんて思っていたのは甘い。まだまだ降っているので50センチとか行くのかなという感じ。自転車も埋まった。車の屋根の雪は、私では届かずに男手が欲しいところだが夫は帰らないし、背の高さだけは役に立つ息子はいないし。屋根に雪を積んだまま走っていた。センターラインはもちろん見えず、いつもの道でさえ、ここが何車線だったのか分からなくなる雪道。知らない土地だったらお手上げだ。外に出たのは娘の模試があったから。模試なんて受けてみたかったなあ。今の子は羨ましいが、親が受験に巻き込まれている余裕はないので、やるべき事をやった。途中で寒さにぐったりして昼寝した。夫がいったん戻り、ノーマルタイヤの車で出て行った。全くうんざりな南国育ちである。放置しておこうと思ったが、何かあったら他人の振りというわけにいかない関係なのはやっかい。

「こんな日にノーマルタイヤの車で出かけるなんて!何かあったらどーすんのよ。不可抗力じゃないことに関して私責任負うのは嫌である。今、外に出ているからついでだから迎えに行くなら行くから、その車運転しないで!タイ人だから雪の怖さ、知らないんでしょ!」と娘を迎えに行くついでに怒鳴っていた。いつも私が怒鳴る構図に娘うんざり。まさかこの程度で、というか理由のあることでDVってことはないでしょうが。しかし冬タイヤは高いんである。だから買ってないのだ。結局経済なのである。雪国って、それだけでお金がかかるようになっている。でも1台は換えてあるからこっちで出れば問題ないのになあ。何から何まで個人レベルの行動に徹しているウチであるのは結局不合理である。でも時代はこうなっているに違いない。とにかく雪、もう止んで下さい。あっちの友達、こっちの友達もタイへ行く。いいなあ、私も行きたい。
by kienlen | 2011-01-16 16:41 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る