大晦日から新年まで

新年の朝は、まず娘が即席の塾へ。理科ができなくて、それをどうするかで、東大生が実家に帰省する際に教えてもらうということで正月早々になったらしい。ありがとございます。続いて夫がタイへ。息子は昨夜というか今朝何時に戻ったのか知らないが、寝ている。夫に、息子に旅の挨拶をしたか尋ねたら「うー、うーとだけ言っていた」ということだった。というわけで静かな朝だ。年賀状を、毎年ほとんど出してない。お付き合いもあって買うことは買う。今年こそは出そうと毎年思うのに毎年挫折。片っ端から礼を失しているわけだ。年賀状も毎年無駄になっている。なんとか書き始めても途中で挫折するのは、手書きが疲れるから。ハガキ1枚分の文を書くほどの内容もない。そんなことを10年以上もやっていたら来ていた年賀状も来なくなる。これじゃあ老後が寂しいと思い直して今年はコピーすることにした。手書きで書いたものをコピーすれば手っ取り早い。

さっさとやればいいのにできず、昨日になってウサギのココアをモデルに簡単な顔の絵を描き、一言添える空欄以外を埋めた。おお、今年は楽勝だ、と思って付近の写真屋のコピー機でコピーしようとしたら「機械に備え付けの紙以外は駄目」と言われた。そんな!コピーって差し込み印刷できるんじゃなかったか。パソコンで打ち出すんじゃつまんないから手書きにしてみたのだが困った。コンビニにも聞いたが駄目。不便な世の中になっているものだ。しょうがないから事務所にコピー機を備えている友人に「大晦日早々からすみませんが・・」などと変な電話をして使わせてもらうことにした。そんなこんなでえらく手間がかかって合理化したのに間に合わなかった。夜は子供達と家で過ごしたくて途中までは順調。さて、大晦日だし日本酒でも、とコップに注いだところに夫から電話。大晦日だけ来る友人が来ているというので寒い中を自転車で出た。いつもはタイ人で賑わう大晦日のパーティーだが、昨夜は静かだった。で、その友人は年明け早々に「今年の大晦日用に」とボトルを入れ再会を約束。ネパールの子供達のボランティアをしているのだが、今年は政情がどうなるか分からないそうだ。願いは平和。
by kienlen | 2011-01-01 10:44 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31