タイ人がいっぱい

f0104169_17431541.jpg

ベトナムでびっくりしたこと。タイ人旅行者であふれていたこと。ホーチミンにはちょっとしか滞在しなかったので分からなかったが、フエとハノイでは大きなグループに遭遇した。フエのホテルでタイ語が聞こえて、懐かしいなという感じだった。朝食に行ったらタイ人でいっぱいでうるさいしうんざりで懐かしいどころじゃなく、しばらく外で空くのを待っていた。空いたら食べ物も少なくなっていた。朝食はそんなに食べたいわけでもないし、そんなに美味しいもんがあるわけでもないからブラブラしていたら、若いタイ人女性が料理を選んでいた。「美味しいですか」と声かけたら「これが美味しい!」と、シュウマイの皮をもちもちさせたような料理を取っている。「ベトナム料理美味しい?」と聞いたら「美味しい」と答えた。あまりに自然な応対に拍子抜け。外国で日本人らしき人がヘタなタイ語で話しかけたんだからもっと驚いてくれよ。「あれ、日本人ですか。どうしてタイ語できるんですか!もしかしてタイに住んでるの!」とか。

まあ、あり得ないな。バンコクは日本人だらけだし、しかもタイ語はたいていできるし、何も珍しくないのである。ロビーにもタイ人がいっぱいだった。聞くと70人のツアーだと言う。バンコクからラオス経由でバスで来たという。「これ300バーツ、安い」と、キャスター付きの旅行カバンを指さした。タイのラジオでは盛んに「タイ人はタイ国内を旅しよう」キャンペーンをやっていたけど、いいんですか。当方のツアーの面々はどこでも日本語で通していたが、見ていたらタイ人もタイ語で通している。「お手洗いどこですか」とタイ語で聞いたらベトナム人スタッフが指さして教えていた。朝食でも「何がご入り用ですか」とベトナム人がタイ語で話しかけていた。よほど多いんだろうと思っていたらそうだった。ガイドさんが「タイ人は一部屋に4人で宿泊。安くなるからね」と言っていた。安くなるというだけでなく大勢が好きというのもあると思うが。タイとベトナムはなんといっても近い。交通費だって安い。ハノイでは200人のメンバーが2回に分けて来るというツアーと観光地でぶつかった。石油会社の顧客サービスだとか言っていた。こちらは飛行機だった。そういえばインドでもタイ人が大々的な寄付をしているのにぶつかったっけ。
by kienlen | 2010-12-17 18:07 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー