玉村豊男『食卓は学校である』

やけに気になる学校用語。文化祭だの部活だの。そういう言葉を冠したイベントがやけに多いように感じるが、昔からそうだったのかどうかを知らないから分からないものの、学校化社会であるなという感じはあり。で、食卓まで学校なんだ、そういえば日本の学校は給食まで指導だもんな、と思わせるタイトルではあるが、玉村豊男の、この間読んだ本が面白かったのでついつい購入。高速バスと眠れない夜のための簡単読書のための予備本という位置付けだったけど、簡単読書を優先させてしまう我弱し。でも普通に面白かった。気になったのは「ベトナム式サンドイッチ」の項。ベトナムはツアーで恐ろしいことに全食事付きである。団体ツアーってこうなんだ。自由行動なし。1度だけのインドが行きが団体ツアーだった以外は経験ないのだが、あの時は特殊だったと思っていたら今回も特殊みたい。特殊続きを特殊と呼べるのか。スケジュールで空きらしき半日の時間があったから旅行会社に「ここは自由行動ですか」と尋ねたら「今回は視察ですから自由行動はありません」とぴしゃりと言われた。だから、ベトナム式サンドイッチは食べられないかもしれない。

何で気になるかというと、ラオスに昔何度も行った時に一番印象的だったのが、ラオス式のサンドイッチだからだ。フランスの植民地という点で両国は同じ。ラオスのフランスパンも美味しかった。市場に行くとサンドイッチ売りが並んでいて、野菜やソーセージを挟んでくれる。この本のベトナムの項を見ると、中身がもっと多彩で選べるようだ。ラオスも今はそうなっているんだろうか。この間行った時に確かめてくれば良かった。ただ昔のような露天の市場が少なくなっていて、ちょっとがっかりだった。バス乗り場でもサンドイッチ売りを見かけず。衛生面とかいろいろな規制ができれば自由な営業行為はできなくなる。自由な営業ができないと食べられない人も出てくるに違いないと思うが、暮らしてもいないのでそこまで分からない。昨日、バンコクに行っている友人と電話で話した。「ベトナムは経済発展すごいもんね。私達も来年見に行くの」ということだった。夫はタイ人のビジネスマン。そりゃあ当然興味津々でしょう。サンドイッチどころじゃないか。
by kienlen | 2010-11-30 10:52 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31