初めてワイン会に参加

昨日のことになるが、ワイン会というのに初めて参加した。会費6000円。集金先の人からの勧めだったので、お付き合いと思って決断した、と言ったら大袈裟か。郷土料理と郷土のワインという組み合わせ。ソムリエがセレクトしたワインを注いでくれる。グラスは2つ。私はルールも何も知らないが、飲みきれないうちに次のワインがきたり、なんだかせわしい感じ。がばがば飲みたい時は飲み、ちびちびいきたい時はそのペースでいきたい身にはちょっと。料理は結構重たい。ワインも重め。ワインの重いのは好きだが、それと重たい料理はどうなんだろうか。極めつけはデザートで、その時のワインが甘めだった。デザートに甘いワインはかなり苦手だ。いずれにしろ、結局のところ、こういうものは相手のペースで進むわけですね。あれくれ、これくれ、とリクエストできないわけで、日頃そういうスタイルに慣れていると、結構な違和感で、はあ、社会適応に問題あるかも、なんて、今さらながら思った次第。

そしてその後が大変だった。重たくて眠れない。本を1冊読み終えても眠れない。次の本に取りかかる。これがまた面白いので眠れない。そして夫はまた帰らない。いつものように「行く場所があるなら荷物も半分持ってってくれ」と言うと、なんと本日、彼は大きなビニール袋に服を詰めて出て行こうとした。「何持っていくの」と聞くと「クリーニング」という答えではあったが、本当のところは分からない。いろいろと重たいイベントだった。ただ出会いの場としてはいいのかもしれない。スポーツジムに行くのだって、身体を鍛えるというよりもハイソな出会いの場としての機能が指摘されていることだし。明日は遠出になるので、昨夜の睡眠不足を解消しておかないといけない。寝る。
Commented by jun at 2010-11-18 08:33 x
お疲れさま。
「とーでのでーと」ですか?
重たい料理とお酒を飲んで本が読めるなんて凄いです。
私は上野の国立西洋美術館で「A・デューラー版画・素描展」と常設の絵画を半日観てきました。落ち葉舞う綺麗な中庭に面したレストラン「すいれん」も素敵でした。
そういえばボジョレー・ヌーボーが解禁でしたね。
東京では、朝飲みの店が増えているという情報を確かめにも行ったのですが、途中の大宮駅ナカの「PARK SIDE CAFE」でモーニングを食べていたら、なんと目の前で40代位の女性がジョッキのビールを注文して朝食と一緒に普通に食べていました。ホントの話です。以下後日。
ではまた。
Commented by kienlen at 2010-11-19 09:46
朝飲みですか。言葉としては初めて聞きましたが、農家では朝から酒を一杯飲むのは普通で、私のおじさんもそうでした。そして昼にも一杯ひっかけてまた農作業へ。その女性、もしかしたら、夜勤明けで朝食食べたら就寝かも。朝の温泉にそんな感じの女性がいるのを感じて、そう思いました。介護の仕事等。私も近々格安バスにて上京。でも用事だけ済ましてすぐ帰ります。どうも都会に長居する気になれず。
by kienlen | 2010-11-16 22:16 | 出来事 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る