松茸を食す

シーズンになると話題になる松茸。夫の店のタイ人スタッフがちょうどこの時期にタイに帰省するのに「あのナントカっていう高いキノコお土産にしようかな」と言っていた。「松茸ね」と教えてやる。1本数千円とか、そういう話題になった。そして居合わせたみんなが「そんな値段知ったら怒られる」とか「もっと美味しいキノコがある」とか賛同者なし。もちろん私も。しかしおかしなことを考えるものであるが、そのくらい耳に入るキノコなんだろう。で昨日、友人といつもの近所の食堂で昼ご飯を食べていたところ、お店のママさんが「これ、来てね」と言って貼り紙をしていた。松茸の土瓶蒸しプラス3品とビールで1890円。松茸と山舞茸のてんぷら1200円。今までそういうのにそんな興味なかったけど、年をとって流行に敏感になってきたのか、食べてみたくなった松茸。家で食べたことはあると思うがちゃんと料理屋で食べたことは、あるかないか。あっても気休め程度と思う。このくらいの値段なら食べてみるかと思っていたらママさんが「3日限り」と言う。

一緒にランチをしていた友人に「夜、来ようかな」と言うと「松茸はウチの山にもたくさんあって昔食べ過ぎた」と来る気なし。夜は仕事で出なければならなかったが、どうしても食べたい気がしてきた。何でかというと、この店が好きなのと店主が自分で採ってくるからだ。キノコ採り名人。しかも山育ちで子どもの頃から。そういうのがいいのだ。松茸なんか日常って感じが。連れのアテとして即刻浮かんだ友人に電話してみると案の定即「行く、行く」ということで予約までしてしまった。当方仕事が何時に終わるか分からないので予約はしにくかった。まあ、営業時間終了までには行けるでしょうと踏んでいたら意外に早く終わり店に直行。美味しかったなあ。さすがに有名なキノコだけのことはあるのだ。土瓶蒸し、天ぷらを食べた。せっかくの一期一会かもしれない松茸なのに、カメラを持参せず撮れなかった。まさか3日間通うわけにもいかないし。すごいごちそうの日だった。閉店後までいたら、残っていた2人の男性客は、やはり調理人だった。若い調理人が店主に何やら相談か、アドバイスを受けにか、という風情だった。近所にこういう店があるって本当にありがたい。結局昨日も昼と夜に行ったことになる。
Commented by jun at 2010-10-08 08:42 x
「松茸や 炭火で美味す 妬けた妻」 (回文川柳)

句のように、カミさんに内緒で食べたら嫉妬されそうです。
まだそちらの食堂に行っていないので、また期待が膨らみました。
でも今日は、ジムの先生が県内のボディービル競技で優勝したお祝いパーティーです。私はランニングから柔軟やヨガに切り替えました。
食と脳、職と農、次に行きたいところのタイもテーマです。
タイの料理本、地元の友人に貸そうと思ったら既に買っていました。熱烈なタイファンで、子連れ家族で何度もプーケットにも行っています。
いいなあ。
Commented by らくだ at 2010-10-08 09:34 x
美味しかったっすね。クルマ取りに行かないと、だった。
Commented by kienlen at 2010-10-08 14:00
junさん、回文素晴らしい!本は貸した上で、お求めいただくようご誘導の程もお願いします。タイファンなら楽しめること請け合いですから。プーケット以外も教えてあげたいところですヮ。
らくださん、大変ごちそうになりました、ありがとう!しかし美味しかったですね。今年の豊作に感謝。
by kienlen | 2010-10-08 07:45 | 出来事 | Comments(3)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31