暇になったことに気付いた

ふと気付いた。暇になっている。スケジュール帳はもう予定なし。このところ自分としては珍しく追われる日々の中にいて、なんとなくまだその状況が続くように感じていたが違ったのだ。お盆前でおしまい。名残を片付けて今日になったら突如として視界が開けた感じ。なんだ、と思って少し片付けをした。これでキッチンを片付けて料理をしようと思えたら、せっかく直売所で買いためた夏野菜をたっぷり味わうことができる。楽しみ。このところのスケジュールはかなりきつかった。まあ自分としては、という条件付きであって、つまり普通に仕事している人っていつもこうなんだろうなあ、すごい!私なんか1か月や2か月が限度だぜ、と思いつつ乗り切った。変な乗り切り方である。つまり日頃がどうかってことである。

昨日は終日ごろごろして眠ったり本を読んだりしていた。ひどく蒸し暑かった。暑さには強いと思っていたが今年はそう言えなかった。暑いより寒い方がマシという人の気持ちが初めて分かった。暑くて狂い死ぬよりも寒くて眠るように死ぬ方がマシなんだ、と感じた。となるとタイへの移住はなしってことになるな。北国にするか。となると準備も心構えも違ってくる。それに一体どこにしたらいいんだろう。北海道かな。暇だと考えることはこういうことばかりである。それにしても子どもが大きくなるってこういうことなのだ。私など、子どもがいる人の割にはかなり制約の少ないやり方をしてきたと思うが、それでもいるといないでは別世界には違いない。子どものため家族のためということで行動を制限したらキリがないから、それをしてきた人が一段落して社会に飛び出して元気に活躍するというのはすごくよく分かる気がする。抑えていた分のエネルギーが吹き出すわけだ。できるだけ我慢したという納得の上だろうし。その点自分のように半端だと半端なままでいくんだろう。それはそれだし、あれはあれなんでいいのだが。
by kienlen | 2010-08-16 11:35 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30