ホテル従業員の使用言語

タクシー運転手は話しやすい、とバンコクでいつも思う。理由を考えていて、田舎者同士のせいかと思った。で、突然、そうか、安心してタイ語で話せるからだ、と思い至った。こんな思いに至るには比較対照が必要になる。それはホテルスタッフ。ホテルにもよるけど、まずは英語で話しかけてくる。日本のホテルで外国人に間違えられることはないから日本のホテルがどういう方針なのか知らないけど、多分相手が外国人だったら英語なんだろうな。それはいいとして、問題はその次。ホテルのチェックインくらいは英語でやれというならやってもいいけど、でもこっちにしたら住んでいたことがある国だし、タイにいたらタイ語の頭になるので、タイ語の方が話しやすい。そこでタイ語で対応する。で、問題の問題はその次。さっとタイ語にするスタッフもいれば、あくまで英語の人もいる。そうなるとこっちも英語かよ、と思ってそうすることもあれば、やっぱりタイ語でいくこともある。気分次第。こっちとしては「下手くそなタイ語を聞くのもうんざりなのか」と今まで思っていたのだが、ちょっと違うんじゃないかなと思うようになった。そもそも下手くそな英語を聞くのもうんざりかもしれないし。思うに、肝心なのは言葉そのものじゃなくて、相手を見ているかどうか、ということだと思う。

よく日本にいる外国人のエピソードとして「日本語を話しているのに英語で話しかけられる」という話があるが、あれは多分、こういうことなんだろうな、ということが自分もそういう立場になって実感。つまり、相手の反応を見て切り替えない人は、多分相手そのものを見ていないのである。自分の枠の中の解釈に安住しているんだろう。だから不快感の元は言語がどうのという問題じゃなくて、もっと存在に関わる問題なのである。ホテルのような究極のサービス業の場合、社内の方針とかマニュアルがあるだろうから、個人個人の判断でどこまでやっているのか知らない。タクシー運転手の場合は単純で英語などできないからタイ語で話すだけだ。それからちょっとした食堂。暇な時間帯だったりフレンドリーな所だったりすると話し込んだりする。中国語ができたら通じるかもなあと思うと実に残念だが、それでもタイ語があるから英語はいらない。後は日本語で話してくる人もいる。昔より減ったように思うのは、日本のプレゼンスの低下という思い込みが当方にあるからかな。相手が日本語ならこっちは当然日本語。少なくとも両者がネイティブでない英語よりは違和感ない。ささいな事ながら、なんだかこれも人権問題かもね、ということまで考えてしまった。遅ればせながらの学びばかりだ。
Commented by jun at 2010-08-01 00:22 x
人権問題ですね。
個人的には、差別の側面や日本ではサーヴィスと心付け=チップに対しての反応に私は悩みます。
話し込める食堂はいいですね。
各国の日常会話が出来るほどに長期滞在してみたいものです。
ああ、夏バテ。では。
Commented by kienlen at 2010-08-01 08:42
junさん、おはようございます。夏は好きと思い込んでましたが、今年はさすがに参りますね。バンコクは雨季でどんよりした感じでそんなに暑くなかったです。
by kienlen | 2010-07-30 09:41 | | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る