この静けさは嵐の前なのか…

日曜日も平和になった我が家。とりあえず子育て役割の80%くらいは果たした感がある。なんて思うのは早すぎるに違いないが、自分がそう思えばいいのである。こうなると何でもできる気になるから全くバカである。朝一番から仕事、と思っていたのに寝坊した。昨夜、一応メドをつけたことが嬉しくてワインを飲んでいた。それだけで嬉しい、それでいいのだ。11時だか12時だか遅い時間に友人から電話があった。入院手術するので、という報告を兼ねての雑談。もともと飲み友達だったのが、転勤で離れてから会ってない。お互い飲んでいるから口が軽くなる。携帯の電池が切れるまで話してしまって寝るのが遅くなった。友人と同じ病名を与えられた友達はいる。その人は酒もコーヒーも飲まないで節制している。「酒はいけないんじゃないの」と聞いたら「医者がいいっていったもの」とか。不安を紛らすのに酒の効用は計り知れない。生きる不安も酒で忘れる。これがクセになって中毒になる。

そんなんで多少寝坊して起きて、いつものようにコーヒー飲んで、突然無性に手打ちうどんが食べたくなった。キッチンに行って小麦粉をこねる。帰ってないかと思っていた夫もいる気配なので食べるかもしれない。そうなってもいいように多目にこねた。汁も作って冷ましておく。私は年中あったかい料理を食べる派だが、暑がりの娘は冷たいうどんも好きだから。仕事に戻っていたら娘も起きてきた。汁に入れるシソを庭から取ってくるように頼むが嫌だと言われる。息子以上に何もしない娘。息子は常にやましいことを抱えていたから、意識してかせずか頼み事を断ることはなかったのに、まあ、かといって返事だけで実行しないのだが、娘は堂々と断る。うどんを切ってゆでた。夫が珍しく家で食事。バンコクみやげに息子に買ってきたシャツを着ている。親の選んだ服など決して着ない子供に代わって着ていたのだった。凝ったデザインのおかげでほころびが生じていた。夫が娘に「繕って」と一言。素直に縫いに行く娘。シソは取らなくても繕いものはするのは、作業の選り好みか依頼者を選り好みか。もしかして役割の9割を終えたと思ったら…いくら何でも早すぎか。
by kienlen | 2010-06-27 21:13 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る