励ましの言葉

カラカラで快適な感じの日。体調にあんまり変化はない方であると思うが、やはりどんよりの日は重たく感じ、こういう日は軽い気がする。一応ノルマをこなした。ただし自分で設定するしかないので最低限。いいのだ、ずっと低空飛行でも続けられればありがたい。大空を見るよりも落下の方を見てしまうタチである。本当に暗い、暗い、暗い。若い時に大空を見上げて、年取って足下ならまだ分かるが、常に足下である。こうなると可能性としては、どっかの時点で逆転して、足下を見るのを止めて大空のみになってしまうことである。怖い!老いらくのナントカみたいな感じかな。それはそれでお楽しみか。ということで、今の季節は人生について考えるのに格好である。

それなりのペースで遠出していた。山の緑がすごい。それを見ていると、こんな道も家もビルだって、しばらく放置しておけば藪になるんだ、草の天下になるんだ、ということが実感できる。人間の営みなど、何だというのだ。みんな滅びても山河あり、その通りに違いない。すると、まあ、いろいろあってもね、滅びるだけだし、ということで、それで元気を失う人ももしかしているかもしれないが、私の場合は、それで元気になる。これはもしかしたら暗いんじゃなくて、超楽天的ということかもしれない。そうかも、明るい、明るい。とばかりも言ってられないが、ちょっと今はいろいろ言っている時間がない状態。あと数日はがんばらないといけない。今日だって出かけたついでの温泉を諦めたのだから、昼間にビール飲みたいのを我慢したのだから、できると思いたい。
Commented by sakamoto at 2010-06-25 23:19 x
私もそれで元気になるほう。藪にまかれて草の天下になるのに反抗してるから、ともいえるけど。一瞬仕事が一段落なんだけど、お酒飲めないしなあ・・・ビール我慢する人がうらやましいです。
Commented by kienlen at 2010-06-26 10:42
sakamotoさま、ビール我慢しなくていい人の方が羨ましいですよ。その手の迷いでエネルギーを膨大に無駄使いしている感があります。仕事一段落とはお珍しい。
by kienlen | 2010-06-25 19:03 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る