節目ということになるか

息子がとうとう上京である。まだ暗いバス乗り場に送った。送料をかけたくないので持参すべきモノは持参するように指示。さすがにここにきて逆らうことはしない。息子が東京に行きたいと言い出してから、自分の仕事もちょうど忙しくなり自宅を何日も留守にするのと受験をどうするこうするが重なって、正気に戻るとあれよあれよという感じでここまできていた。ここまで生きてくると、何かが動く時というのはそういうものである、ということも分かってくる。いろいろ大変になることは分かるが、今までもそういうことは何度かあったから、波風なかったのに急にこんな目に遭う、という気持ちになることはないだろうと思う。まあ、何があるかは分からないけど。珍しく夫も起きてきて「気をつけて、がんばって」と見送った。日本語しかないのがかわいそうでもある。こんなことは初めてだ。家を出るのであるから節目という感じはさすがにあるのだろう。外国で子どもの成長を見るということはどういうことなんだろうというのは、私も多少の経験はあるので想像できる。多分とっても歯がゆい感じにつきまとわれる毎日だろうと思う。

タイにいたら私がその歯がゆさを味わっていたに違いない。日本に帰ることを決めた時に、小さい時は夫が面倒見ても中学くらいになったら自分が何でも対処するしかない、という覚悟は決めた。子ども達は小さい時は父親っ子だった。父親にしたら当時の思いを糧にせざるを得ないだろうと感じるくらい、その後は遠くなっている。授業参観はわけがわからずとも様子を見る分にはいいが、PTA役員となるともう意味不明で行かなくなる。無理もない。進学等に際しても自分の経験を語って聞かせるというのは、あまりに環境も社会も違う。結局その分を私が引き受けることになってしまうわけだ。こうしてある意味の分業体制確立であるが、頼れないと覚悟を決めることができるという点で徹底できるのは、案外いいのかもしれない。ここから先は男親、なんて逃げることができないと決めてしまえば、自分でやるしかないし、言うしかない。高齢出産のツケは多々あるが、自分にとっては若い時に子どもを育てるのは無理だったのでこういうことになったんだろうな。引き受けられないことは与えられない、と言われる通りだとすれば今後もなんとかなる・・・かな。
by kienlen | 2010-03-31 09:57 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る