鳩山邦夫『環境党宣言』

今日までに読んでおかなければならなかったのに、手をつけてないことに気付いたのが起きがけ。それで起きるのを止めて枕元に置きっぱなしだったこの本に手を伸ばした。そして急いで目を通した。だからいつもの遅いペースの読み方ではないのだが、びっくりした。何かと話題になるのでメディアを通じて名前と顔だけは知っているこの人がこういう活動をしていたとは・・・、いきなりファンになってしまいました。もっと国民に知らせるべきじゃないだろうか、と思った。この本を知ったのは某宴会の席だった。環境分野の活動をしている人で尊敬できる点の多々ある人が「読んでくれれば嬉しい」と謹呈を申し出た。だったら読みたいなと思っていたら「買うよ」という声があちこちから上がった。その宴会は高所得者の方々の中に、低所得者である私が理由があって隅っこに鎮座しているだけなので自分が発言するような所ではない。当方としては、この方からもらっても罰は当たらないでしょ、という人なのに他のメンバーからすると、もらう義理はないってことになるんだろう。結局有料となって、私も購入することになった。やはり場違いか。でも1500円のが千円だったから…。

まずこういう本は、実際に書いているのはゴーストライターなんだろうと思って読み進めていた。ところがそれを見透かすように、あとがきではそれを否定していた。内容は鳩山氏自身の環境問題についての考えと実践が一部にあり、大方はいろいろな文献からの引用。よって目新しいというわけではないのだが、執筆出版時には自民党の議員だった方がこういう本を出すということが新鮮だったし、見直してしまった。政治家の本というと自慢話みたいなのとか主張を前面に出したものが多いという印象があって、もちろんそれはそれでいいけど、読むに耐えないというのは何冊か読んだ。読むに耐えない理由は真面目さを感じないから。つまり偉そう。その点でこの本は違っていて、その点で好感が持てた。まあ、何より、目先の票取りに奔走しているように見える政治家が環境問題でここまで発言してくれたということにびっくりだし、ぜひ本気で取り組んでいただきたいと思った。今日の午後はこの本が間接的に関係する仕事。太陽光発電付けようかな-、って気になった。息子の学費等々がなければ太陽光も小規模水力発電も可能に違いない。あーあ。
Commented by jun at 2010-03-19 08:53 x
昨日の早朝にNHKで「卒業クライシス」という講義があって、驚いた。立教の湯澤直美先生という方でしたが、卒業に留まらず、いくつか続く。
何でも名前を付ければいいというものではないが、嫌なものには名づける事によりオバケのように撃退や共存が出来ると、私はかえって少し緊張が解けた。今日は、高校の合格(不合格)発表があります。発表を見た後、多くの人が自分の得点の情報開示を求めるそうです。また今日は最後のミニ読書会のようなものがあります。その例の牧師はTさんです。そういえば、「罪深い者が信仰する宗教」、というジョークがありました。息子さんの学費等と、太陽光や小規模水力発電との比較はおもしろいですね。 さすが。ウチの場合は、部活のテニスコートでウインドブレーカーを置き忘れて紛失したことを黙っていた息子に、カミさんがキレて問い詰め、息子は自分よりもウインドブレーカーとその代金を大切していると思わせる母親にストライキ中です。それを静観している私にも火の粉がきて、慌てて息子のプライドを潰さないように妻を擁護。まるで、ますおさんです。あーあ、低レベル。グチを聞いていただきすみません。では。
Commented by クリス at 2010-03-19 17:34 x
神戸のサッカースタジアムには今年試験的に導入された床振動を利用した発電システムがあって、応援席に設置されたボードをサポーターがジャンプしながら踏みつけると発電するというもので、一試合終わると発電量が表示され、ある種の達成感が得られるからサポが大喜びして益々応援がんばっちゃうという優れものらしいです。南N運動公園球技場にもぜひ設置してもらいたいものです。

本日卒業式があってとうとう我が家から小学生がいなくなってしまいました。寂しいですがこれも人生です。この三連休は引越です。お互いがんばりましょう。
Commented by kienlen at 2010-03-19 23:41
junさん、毎度毎度ありがとうございます。ウチもそういうバトルを重ねて諦めの境地に・・・。夫の擁護もなかったので羨ましいです。太陽光発電は設置したかったけどあまりに高額な上に元が取れないと言われたけど状況は随分変わっているようです。本気で考えてます。
Commented by kienlen at 2010-03-20 10:27
クリスさん、おはよう。入学も卒業もおめでとうございます。ウチもひとり引っ越ししなくちゃいけないのに時間が取れずにいます。床振動を利用した発電システムっていいですね。自転車こいだりジャンプしたりの発電で楽しみながらいくらかでも電力を賄えるようだといいなあ。実用化されるのを待ちましょう。
by kienlen | 2010-03-18 22:41 | 読み物類 | Comments(4)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー