元気のない日に元気のでない味

どうも元気がでない。ここまでの先行き不安が年齢によるものなのか時代の空気か、現実に置かれている状況のせいか。まあ、多分全部であるが、不安不安と思っていていいことがあるわけじゃない。今日はちょっとした仕事で車なら2時間、電車なら1時間半の場所へ行く必要があって、気分転換できるかなと踏んでいた。春を感じながらドライブするか、電車で読書か、ギリギリまで迷って電車にした。1時間半あると本を読んでちょっと眠るのにちょうどいい。車窓も、冬を抜け出した外の気配を確実に伝えてくれる。昨夜から読みかけていた本を読了。このところ面白い本に当たらず、つまんないのを昨夜に読み終えて不満足だったが、今日のは面白かった。しかし感想を書く元気がない。日記が飛び飛びになっているのもそのせいだ。

せっかく遠くまで行ったので、現地の友人に会った。新しくできたというネパール料理の店に案内された。元ファミレスだった場所がネパール料理店か、と時代の変化を感じつつ入店。ネパール人らしき男性が2人揃って注文を取りに来て、2人で1人という感じで受け応え。店の雰囲気から味に期待はできまい、と思ったら期待を裏切らない味だった。それにしても「辛くしてくれ」と言ってこの辛さはないだろうとがっくり。一番辛いというのでも、子供用にしか思えない。辛味だけじゃなくて、全体にインパクトなしで手抜きっぽい。こういう店というのは、店以外の目的がありそうに感じる。美味しいものを食べると多少は元気になるのだが…。がっかりだったな。ま、こういう日もあるということで。
by kienlen | 2010-03-15 21:36 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31