書類関係雑務片付け

ぐちぐち言っている場合ではない、気合いを入れないともう限界である、という気分にやっとなった。気分転換できる程度に机を片付けて少々すっきり。やるぞ!何を?やるべきことを。本題に入る前に、入管とか役所とか銀行とかの雑用のひきずっていたのを一気に片付ける。入管は追加書類を出してもう結果待ちのみ。ダメだったら店はどうするんだろう、というような不安は持たないに限る。どうにもならないから。その時はその時だ。それと息子のアパートの保証人を父親で契約していたのが面倒なことになっている。息子によると契約の時も面倒だったそうだが、外国人にするのと母親にするのとどっちが面倒かは、多分母親にする方が面倒だったということだろうか。とにかくその契約に印鑑証明というのが必要なのである。これは大人になると使う機会が多いし、私も確か車購入の時に登録してあった。しかし夫はそういう存在さえ知らない。タイも欧米風にサインなので印鑑なんぞ使わない。かといって日本だと何でも印鑑なので「ハンコ」という言葉は日本語のままタイ人の会話の中によく出てくるし、印鑑そのものはみんな持って使っている。夫もそう。ただ印鑑登録というのが分からない。

契約書は夫の名前で作ってあって実印欄がある。こっちを変更してもらうのは多分難しい。となると印鑑登録に行く方が手っ取り早い。平日の昼間は夫があまり出られない。そこで自分で勝手に登録しちゃおうと思って行ったところ、代理人だと当人の依頼書が必要だったり、それを提出した上で郵送で送られてくるのを待ったりと手間のかかること。せっかく気合いが入ったのにがっくりしてしまう。当事者が来ればその場でできるというから当事者に電話して来てもらった。楽しい事だったら先延ばししてもいいけど、こういう面倒なだけで何の楽しみもない事は思い立った時に終わらせたい。外国人の場合はこういうことも外国人窓口で行う。よって他より空いている。職員も丁寧。外登証見せて本人確認後「もう本人いなくてもいいですか」と聞くと「印鑑をお返しする時はいて下さい」と言われて渋々待っている。男権の強い国から来た人と結婚した友人によると「戸籍筆頭者」に女である妻がなるのかけしからんとごねられたそうだ。そういうのもストレスだと言っていた。タイ人にもそういう人がいるのかどうか知らないが、概してこだわりはないように感じる。各種書類の形式にまず母の欄が来て父が次というのもタイでは普通。日本だと父母という順番を普通に感じてしまうが。とりあえずやることはやった。この程度の用事が気合い入れるようなことなのか。なんてエネルギーのない自分なんだろうか。いや本題はこれからだ。
Commented by jun at 2010-03-06 07:21 x
 インカン     ナミ ナンイ サハン  カンイ
「印鑑はサイン並、難易、茶飯、簡易」
こんな風になればいいですね。回文ですが。雑務も。
Commented by kienlen at 2010-03-06 09:50
何でも回文、すごい!確かに印鑑って普段は簡易ですが時に難儀でならすと難易。雑務もそうか、なるほど。
by kienlen | 2010-03-04 16:29 | タイ人・外国人 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30