住む所を確保

息子が早朝のバスで東京のアパート探しに出かけた。先方で面倒みてくれる夫の兄ちゃんによると、5物件見る予定が3物件が前日に埋まってしまったということだった。それで私も焦っていたが、なんとか決まったという連絡があってほっとした。契約はこれからなわけだが、すでにこの時点で部屋を借りるということがいかにやっかいかを味わっている。しかし、もし一昔前だったらウチなんか部屋借りられないかも、という気もする。父がタイ人である。母も定職に就いてない。これって日本社会で生きるのに、差別されても不思議じゃない家庭環境である。最初、連帯保証人が3人必要と言われた時にはまったくびっくりしてしまった。それぞれ所得証明と印鑑証明が必要なので、私にはその準備をするようにとのことだった。3人!これを聞いてネットカフェ難民とかホームレスにならざるを得ない理由が分かった気がした。今時の核家族で少子高齢社会で、不安定雇用の世の中で3人も探すことができるんだろうか。いつでも住所不定になってしまいそうだ。結局、今日のところは保証人はひとりで良さそうで、心配の種はひとつは減った。

今日もタイ人と息子が探しに行ったわけだが、まあ、借りられて良かったというものだろう。あるいは兄ちゃんが日本国籍取得していたことは何か影響があったのかもしれない。しかしもう外国人を相手にしなければ賃貸の商売なんて成り立たないという時代になっているかもしれない。中学高校なんてあっという間だったな。これだけ自分も歳を重ねたとは、何だか実感がない。子供がいなかったら時間の流れを形で見にくいからもっと実感がないかもしれない。今日、息子は夫の兄ちゃんのアパートに泊まらせてもらうことになっている。タイの、水道はもちろん電気もないど田舎からアメリカに留学してひとりで身を立ててきた人である。今はグローバルなビジネスの世界に身を置いている。そういう話を聞くのはいいかもしれない。彼にしても男の子がいないので、たまに男の子を話し相手にするのはいいかもしれない。我が家はまあ、社会的には底辺に近いところを漂っている感じではあるが、逆に言うとこういう変化の激しい世の中においては最先端でもあるような気がしなくもない。明日が分からないって意味では。それにしてもひたすら金策である・・・。次に控えているのもいるしな。
by kienlen | 2010-02-28 21:39 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31