ほのぼのの日

今日は春の陽気だった。ここまで暖かいと、こんな暖かい所にいたら性格だって大らかになるだろうと思う。のびのびできるんだから。外に出る人も増えるのか、いつもなら歩行者用信号を押してひとりで渡る横断歩道を、数人が一緒に渡ることになって、こんな賑わいは初めて経験した。暖かい国の方が人々が交流しやすいのは当然なのだ。外に出るし厚着しなくていいし、下向きにならなくていいから周囲を見回す余裕も出るし。こんな陽気だから何度も外に出た。銀行に行ったり、打ち合わせも自転車で快適な陽気。寒いことで問題なのは歩くのはまあまあとしても自転車に乗りたくないことである。これで車に乗らなくてすむ生活だったらどんなにかいいことか。

さてさて、2月も終わりそうになってきた。さすがにもう、控えている大物の仕事に取りかかるように頭を切り換えないとならない。その前に細かいののメドをつけておかなくちゃいけない。雑用なんかもっと前に片付けないといけない。でも順番通り並んでいるわけでなく、並びなさいと命令しても並んでくれない。それでも人とか生き物が相手でない仕事はコントロールはできる。野菜作りは頭にあるが、こういうことは頭だけじゃできないので取りかかれない。水仙の芽が出てきた。家の脇で大きな木になっているタラの芽が出たら食べたいな。初物のフキノトウを親からもらった。「栽培ものだから野生の味はしないけど」と言う。見た目も違う。きれいすぎ。ま、贅沢は言うまい。この場合、どっちが贅沢なのかな。ビールも美味しい季節がやってくる。旭川で偶然入ったレストランには地ビールの試飲セットがあった。いろいろ飲めて面白かった。
f0104169_22102611.jpg

Commented by クリス at 2010-02-26 08:53 x
「大雪の蔵」!?
Commented by kienlen at 2010-02-26 23:37
クリスさん、名前は覚えてないです。
by kienlen | 2010-02-25 22:11 | その他雑感 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー