らんぷのある駅

f0104169_229524.jpgランプって好きだ。欲しくなってつい買ってしまうこともある。使う機会なんかないのに。小樽駅にはランプがいっぱいあった。昼間だと見過ごしてしまったかもしれないが、夜の駅では主役級。昔、まだ停電がよくあった頃はロウソクを灯した。あんなこともなくなって久しい。今ではロウソクもランプも、災害の時の準備くらいになってしまった。一日何もしないで過ごした日だった。読みかけの本が何冊にもなっていて、どれも完読できそうにない。読みかけては伏せて、次のを出して読みかけてはその上に伏せて、という具合で何冊も。集中力なし。明日は外仕事に出る日。今週中に片付けるべきことは少なくないはずなのに、どれにも手つかずだ。出勤する場所があって何かしなくちゃならない場所があるっていいなあとこういう日は思う。男子のフィギアスケートを見た。「高橋のあの眉毛って描いているのかな」と息子に聞いたら「剃ってるんじゃないか」と言う。剃ってあれだったら元は何だ。明日からちょっと気合い入れないとなあ。眉を太くしてみるとか、唇を真っ赤にしてみるとか、頬をピンクにしてみるとか、目を真っ黒にしてみるとか、そういうことをした方が気合い入るのかなあ。ネットで見つけた性格占いで面白そうなのがあってやってみた。気合いが入らないから、するのはこんなこと。結果は面白かった。タイプが出た。鷹だった。ちょっと人で、獅子度はゼロだった。なるほどね。身近な友人だとどうかなって想像してみた。すると、こう、適度にタイプの違う人間が散らばっているような感じがした。さて、何を読んだらいいんだろうか。決められない。
Commented by eaglei at 2010-02-19 04:55
ランプの色は温かくて好きなんですが、
最近は省エネで蛍光灯ばかりですね。
LEDの光はもっと冷たくて、あまり好きでありません。
でも、地球のためには仕方ないかな~。

鷲と言ったら、一緒ですね^^
世界を俯瞰したいkienlenさんですから、当たりかも!
Commented by jun at 2010-02-19 08:44 x
いい写真ですね。実際には油を使ったランプは難しいですが、「手入れの良いランプ」という短編も思い出し、マタイの25章のように、時を待つ気持ちになります。
それから、前回の「選択に意味はない」の後には、「いずれの選択にもすべては与えられる」という、という聖書の言葉を付け忘れました。

以下は、大分前に作った回文川柳です。
「お祭りの 仕込みの神輿 乗りつ真央」(オマツリノシコミノミコシノリツマオ)
以前も載せたかも知れませんが、最大の祭りの五輪。スポンサー次第の仕込み(番組の段取りや演出)に乗ったショウの側面も。
真央ちゃんだけでなく、「君の名は 華の美姫」(きみのなははなのみき) いわゆる華がミキティーにはありますね。
失礼しました。ではまた。
Commented by kienlen at 2010-02-20 09:22
eagleiさん、ガラスを変えるとLEDの光も暖かくなりませんか。小樽がガラスの町だってことも知らずにいました。今度は冬以外の季節にまた行きたいですね。フェリーがいいな。
junさん、いつも傑作な回文のご披露ありがとうございます。選択の自分のコメントもちょっと意味不明で失礼。フィギアは楽しみに見てます。みんながんばれ。
by kienlen | 2010-02-17 22:34 | その他雑感 | Comments(3)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31