緩いスケジュールで京都

昨日京都に来た。用件はたいしたことなくて夕方からひとりの時間。部分的連れが気を遣って「ジュンク堂に行くといいかも」と言うので行ってみた。もう節約なんてかなぐり捨ててたくさん買ってしまった。本棚を見る楽しさが味わえるというか、書棚からの働きかけを感じる品揃えだった。本が訴えているというか。そのせいか立ち読みする側も気合が入っていて、込み合う通路なんか熱気で「すみません、通してください」なんて声かける雰囲気じゃない。自分自身も気付いたら食事もとらずに3時間以上もいた。それでもゆっくり見るには全く足りない。ここなら1日過ごしてもいいかも。全体的にはかなり抑えたが、1冊高価なのをカゴに入れたり出したり逡巡した末、一大決心で購入。もっと収入があるとこんなんで迷わないんだけど、別に。しかし本の金を化粧品とかエステとか洋服に回す方がまっとうな社会人であるようには思う。迷った本はタイのナムプラー等、魚醤とナレ鮨の研究書。なくてはならないもんでもないが、こういうものでここまでやるかなあという情熱を感じたから。

会計しながら「無料で発送するサービスがあります」と言われた。すぐに開いてみたいのでいったんは断ったが、翌日、つまり今日のスケジュールを考えると持ち歩くのは大変そうだと思って頼んだ。でもやっぱりすぐに見たい雑誌等5冊は持ち帰り。電車内用は家からも何冊も持参したがお楽しみが増えた。ついでにコーヒー屋の無料券サービスもあった。別に飲みたくなかったけどせっかくだから食べずにコーヒー飲む。すごい空腹だった。いつも夕食は6時くらいに食べるのにもう9時過ぎ。ホテルで食べようかと戻ったら高いコース料理しかない。付近をフラフラしていたら居酒屋があったから入ってビール1杯飲んでしば漬けのあんかけのうどんを食べた。すごく美味しかった。さて、出ないと。
by kienlen | 2010-01-18 09:34 | | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30