『21世紀アジア家族』

落合恵美子・上野加代子編著。明石書店刊。科研費で調査したアジアの家族の調査報告とは別に一般向けに新聞掲載したものをまとめたものということ。主に女性研究者による2pのエッセイがたくさん集まっている。図書館で見つけて、こういうエッセイ集は買うまでもないがタイもたくさん登場するし読んでみたいなと思って借りた。今日は残っていた今年最後の仕事を片付けて時間があったので読書ができて、珍しくテレビ鑑賞で女子フィギアを見ながら読んだりで読了。「家族と食」とか「ジェンダーの未来」とか「グローバル化」等の項目に分けてあって、調査対象となっている国は中国、台湾、韓国、タイ、シンガポール。たまたま自分にとって最近身近に感じている国々だったのが関心を高めたと思う。中でもシンガポールは何度か行っているし、シンガポール人から政府の家族政策を聞いたり、在住の友人の家に寄ったこともあるので、そういうことを加味しながら読んだ。

聞き取り調査からの分析なので、ううん、ここからこれが言えるのかというのはとってもよく分からないが、新聞のエッセイだからそこまで厳密にしたら面白くないし、そういう意味では読みやすく面白く読んだ。いずれも日本との比較的な視点が入っていたけど、最後まで税制に触れられていないのはひじょうに不思議だった。日本で結婚や子育てで女性が仕事を辞める傾向が強いのは、税制とも大いに関係あると思っているが、その点の検証がないのは、いくらなんでも物足りなさが残る。ここを比べて欲しかった。それにしてもこういう本を読んでいると、自分がいかに日本の家族的でないかを感じるが、逆に言うと、本当に日本の家族ってこうなんだろうか、ということで、そこまで日本的なんですか、と疑問を呈したくなる。エッセイとしては面白いと思ったけど、研究報告としてはどういうものになるんだろう、読んでみたい。欧米の報告が多い中でアジアのは貴重だし、アジアの家族はもっと研究されていいんじゃないだろうかと思う。
Commented by lbizkorea at 2009-12-28 15:51
こんにちは。
韓国料理レシピが満載のブログ「アナバコリア 韓国料理レシピ集」です。

今回は、エホバク(韓国カボチャ)アミの塩辛炒めレシピをアップしました。
韓国料理に興味がありましたら、参考にしてみてください^^
Commented by kienlen at 2009-12-29 08:55
lbizkoreaさん、ご訪問ありがとうございます。韓国料理大好きです。作れるようになりたい。参考にさせていただきます。
by kienlen | 2009-12-27 23:36 | 読み物類 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る