タイ語の「おはよう」

f0104169_14205069.jpg

少し前のことになってしまうが、横浜市のいちょう小学校という、外国につながる子が生徒の半数以上を占めるという学校を視察した。大変興味深いお話しをうかがうことができた。その内容はまたゆっくり消化することとして、案内してもらった校内は、さすがに国際的だった。階段に五十音が張ってあって目につくようになっていたり、いろんな国の民族衣装や民芸品の部屋があったり、それに先生もラオスかな、タイかな、と思われる上着を着る演出ぶり。用意されたお茶も3か国だか4か国のもの。で、下駄箱のところにあったのが、各国の「おはよう」である。タイ語も目立つ。これを見て、ちょっとびっくりした。「アルンサワッ」と書いてある。まさにおはようなのだが、日常生活で日本人が「おはよう」と言うのと同じように使う言葉ではない。というよりか、まず聞かない、言わない。

また翻訳って何だろうという、いつもの疑問。これを書いたのはタイ人の子かもしれない。悩んだかもしれない。おはようって言葉は確かにあるけど、普段使わないなあ、でも、おはようをタイ語でってことだからそうしなくちゃなあ、テレビのキャスターなんかは使うんだし、ちゃんと正規の挨拶としてこっちかなあ…などと。もちろん正しいのである。かといって、子供が学校で挨拶する言葉としては、普通に「サワッディー」を想像するから、意外性が拭えない。どうしてこっちにしたのか機会があったら聞いてみたいなという気がした。たかが「おはよう」だけでもこれである。ほんと、言葉の世界も奥深い。
Commented by jun at 2009-11-03 07:22 x
「おはようございます」
地元の話ですが接客業なのでいつも私はこう挨拶しますが、返ってくる言葉が「おはようござんした」というのがよくあります。何故過去形なのか、起きた時が基準なのか、などと色々考えてしまう。
日本の同じまちでもこれですからね。
「サワッディー」ってそういう意味っだったんですね。スマイルホテルにある「サワデー・カフェ」ってそれですか?
だとしたら、これは憶え易いなあ。
今日は長野に行く予定。「沈まぬ太陽」は3時間半なので覚悟がいりそう。
では、失礼します。
Commented by kienlen at 2009-11-03 23:20
サワデーは多分そうだと思います。それで朝も昼も夜も使えて、バイバイの意味でも使えますから一言で何度も美味しい言葉です。覚えて下さい。サワッでストップしてからディーと発音するのがコツです。沈まぬ太陽は私も見たい。時間がなかなか取れない。
by kienlen | 2009-11-01 14:59 | 言葉 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る