さようならカーディガン

友達が寄った。テーブルの上に置いてあった手編みカーディガンを「着させて」と言って勝手に試着。よく似合う。へえ、と思って別のも見せた。いいでしょ、いいでしょ、と、認めざるを得ない言い方で迫ると、また試着。こちらはもっとお似合いである。すると当人も気に入ったみたいで「これ買う!」と言い出した。そんな展開になるとは思いもしなかった。それに私だって気に入っていて着心地も抜群なのである。今編んでいるのと合計3枚の、色とデザインの違うカーディガンがあればこの冬は間に合いそうだ、楽しみだ、と思っていたところ。それに「買う」って言われても価格のつけようがない。でも、一番の問題は、どう見ても私より似合うことだ。「これはアンタの色じゃなくてアタシの色」と当人が脱ごうとしないのも、その通りと思える。サイズだってぴったりである。いくらで譲るか、である。毛糸代がかかってないけど、費やした時間を考えると値段のつけようは本当にない。しかもよくよく親しい友達である。店に出すのと訳が違う。1万円もらうわけにもいかない。かといって2千や3千はあんまりだしなあ。

5千円は安いけど、1枚なくなればまた1枚編みたくなる意欲が沸くし、何より本当にお似合いだし、5千円って言おうかなと思っているところに相手から同じ額を言われた。それで決まり。自分の作ったのを人が着ているというのも楽しいものである。同じデザインで色違いのマフラーも、それぞれの着こなしでいい雰囲気である。そういうのを見るのも楽しみだ。それに、レトロな糸が見れば見るほどにいい味を出している。手編みの感触がこんなに気持ち良いものであることも再確認。絶対に誰も着ていないのもいいし、文句なしである。手間がかかって他のことがおろそかになる欠点をのぞけば…。多分ずっと使えるだろう。10年以上も前に編んだのを今も私は着ているし、なんともない。こういう経緯があると、10年後にマフラーやセーターを通じての話題にも事欠かないだろう。良い趣味をお持ちで、ってことにして、また編もう。次の名刺には「メリヤス編み職人」ってのも入れよかな。
by kienlen | 2009-10-31 18:18 | 手芸 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31